2022-07-09 政治・国際

月イチ連載「山本一郎の#台湾の件」第4回:「小さくても、価値のある台湾」その秘密

注目ポイント

経済はもちろん、安全保障の面でも持ちつ持たれつの間柄にありながら、一切の法的裏付けがない非政府間の実務関係を維持している日本と台湾。「台湾は国ではなく地域」というスタンスはいつまで続けられるのでしょうか。将来、わずかな確率でも台湾有事が起きるのだとしたら、今こそ必要なこととは──山本一郎さんの月イチ連載です。

台湾海峡が平和であることに依存してきた日本経済

日本にとって「場所的に台湾って大事だよね」ってのは、よく安全保障議論で日本がシーパワーの国だという地政学的な意味合いで取り上げられることは多くあります。

というのも、資源のない我が国日本は、経済立国を推し進め戦後復興を図るにあたり、1950年以降は特に、中東など産油国から原油を輸入し、足りないほかの資源も豪州、中国その他から持ってきて国内で振興した製造業でモノ作りをして、付加価値を付けて輸出するという仕組みで長らく国富を蓄えてきました。1990年ごろのバブル経済の崩壊に至るまで、この手の「冷戦ではあったけど、なんだかんだ世界が平和だったから何事もなく輸出入できていたこと」が復興日本経済の高度成長の決め手になってきました。

その際に、まさに台湾海峡から南シナ海、マラッカ海峡、インド洋を通じて中東に至るタンカーの流れこそが、日本が守るべきシーレーン(海の上の輸送経路)だよということで、この台湾海峡が平和であることに日本の経済は常に依存してきたことになります。

時は下り、2010年代になってくると、台頭していた中国経済の勃興がいよいよ決定的なものとなり、アジアでの経済覇権が完全に中国中心になると、経済的な成功に自信を深めた中国の海洋進出が明白なものとなってきました。南シナ海での中国によるかなり力づくな実効支配の構造は、東アジアからASEAN諸国にかけての地域の安全に生命線を持っていた日本経済においても枢要な問題へと発展してきたのは言うまでもありません。

他方、台湾と日本の関係で言えば、台湾が確固たる地位を維持できる間は、日本も変数として「台湾の近辺は安全だ」となる以上、文字通り持ちつ持たれつの間柄であると言えます。とりわけ、お互いに輸出し合う機械や電気機器を中心とした付加価値の高い製品の貿易においては、対日貿易は2020年でおのおの7兆円、4兆円あまりの輸出ということで、ぶっちゃけ「台湾がないと日本の製造業は止まっちゃう」「日本がいないと台湾経済は沈んじゃう」状態にあるとも言えます。

 

東アジアにおける台湾の地位は極めて希少で価値がある

去年、沖縄県石垣市議会では、特に25年以上の長い友好関係にある台湾蘇澳鎮との交流も踏まえ、地元の人たちの台日関係の窓口として機能している現状から、改めて「『日台関係基本法』制定を求める意見書」が提出されました。悩ましいのは、よくこの手の議論で出てくる「国や地域」という表現において、台湾は国際法上の国家としての条件をすべて満たす存在であるにもかかわらず、常任理事国である中国による一つの中国『原則』によって、日本と対等な国家としての扱いを法的に認めることが困難な部分があるわけです。


「日台関係基本法」制定を求める意見書|石垣市役所


個人的には「お互い合算で年間10兆円も貿易しとる台湾をいまさら『国ではなく地域です』と中国に配慮したところで、実体経済を担っている台日両国民や企業が困るだけやんけ」と思うんですが、残念ながらロシアによるウクライナ侵略で安全保障政策での余計な波風を立てたくなさそうな岸田文雄政権が一歩を踏み出せる状況にはなさそうです。

実際、2020年の石垣市での採決でも野党による反対において、「(台湾を巡る)東シナ海有事に日本が引き込まれる恐れがある」としたうえで、「この法案には軍事面で日台の協力体制をつくるという裏メッセージがある。こちらから緊張を高めるのは控えたほうがいい」という意見が出たとも報じられています。野党の言うことも一理あり、台湾有事があったら日本が巻き込まれて石垣市にもミサイル撃ち込まれてまう危険があるんなら余計なことはせんほうが良いという考えが出るのも理解はできます。


「日台関係法」制定要請否決 野党、軍事協力発展を懸念|八重山日報


他方で、前回も台湾支援に動く米バイデン政権の動きを解説しましたが、中国の無原則な進出を食い止めるために民主主義陣営としてできる限りの支援をするというアメリカの動きは、単に地政学的なものではなく、東アジアにおける台湾の地位が極めて希少で、価値があると判断されているからにほかなりません。台湾の立地、経済、民主主義という3つの要素が、アメリカも日本も台湾と手を取り合って東アジアの平和と安全を確保する礎としたいと考えているのです。

中国が主張する「ひとつの中国『原則』」と、アメリカなど民主主義陣営が応じる「ひとつの中国『政策』」とには隔たりがあることは、前回の記事でも解説した通りです。近隣国で言うならば、国交のある韓国との間で戦後賠償についての日韓請求権協定はあっても日韓基本法のような交流を促進する法律は特にありません。韓国にはない二国間の交流促進に関する法律を、まだ国家と認めている状態にない対台湾で成立させようと議論するのは、まさに未来思考で台日関係をどう築くのか日本なりに考えてきたからでもあります。


月イチ連載「山本一郎の#台湾の件」第3回:バイデン大統領が日本にやってきて、台湾についておおいに語って帰って行った件|The News Lens Japan


また、前述石垣市議会の野党が懸念する台湾との間での軍事協力という観点では、実際には戦略的曖昧性の軸となる「ひとつの中国『政策』」を進めてきたバイデン政権が、訪日中に一歩踏み出す発言をし、また、日本も周辺事態法で台湾有事をスコープに入れる策定をどのようにして実施するのかという枠組みを議論することで、なんかあったときにみんなで助けられる仕組みを作ろうという方向にようやく進んできたものとも言えます。

それもこれも、ロシアによる暴力的なウクライナ侵略が長期化する結果、懸念された中国による台湾有事の重要な意志決定はどうやら習近平さんはしないようである、しかし、偶発的な事態がエスカレートしてうっかり歯止めがかけられずドンパチが始まってしまったとき、局地戦で収められるのか、台湾や日本も含む東アジア全体の火薬庫大爆発にまで至るのかどうかといったわずかな可能性へも対処しなければならないことを意味します。

 

台湾が破壊されてしまいかねないのを見捨てられるのか

日本にとっても、約2万人いると見られる在台日本人に対するNEO(非戦闘員救出作戦)において、主権を持つ台湾という国ではなく、建前上は中国の持つ領土の一部の「地域」である台湾に対して、邦人救護のための自衛隊とか出動させてええのんかというクソ面倒くさい問題を孕みます。台湾における中国の主権を認めておきながら、その中国が台湾に何らか侵攻した場合、それは内戦なのだと規定するんかいって話なんですよね。

いわば、ご都合主義で玉虫色の定義で台湾を規定し中国に配慮していたら、実質的に国である台湾をウクライナのように併合することも辞さない決定をされてしまったときにどう手を差し伸べるのかがまだイマイチはっきりとは決まってないよ、ということでもあります。

同じようなことは、日本が領土主張している北方領土に対して、ロシアが極東管区の戦闘部隊をウクライナに送ってがら空きになった地域を、日本が日本人の資産保全のために上陸しますんでよろしくお願いしますということが国際法上の侵略に当たるのかとか、実にデリケーツなことが実はまだ国際社会にはたくさん残っていることになるわけですよ。

そういう台湾が持つ特性については、台湾人以上に、日本が隣人としてどこまで手を突っ込んでいいのかどうか、本当の意味でちゃんとした対話をやったほうが良いと思うんです。もちろん、野党が言うように中国を刺激するぞとか、東アジア全体で紛争があったとき日本が巻き込まれるぞという懸念は確かにあるんだけど、その懸念が実現したとき一番人が死んでしまうのは台湾人で、貴重な人命や、産業基盤や、民主主義が破壊されてしまいかねないのを、日本が香港でそうしたように見捨ててしまうのかという議論はどっかでやっておくべきだと思います。

もしも世界が本当に新たな冷戦になる可能性があるだけでなく、わずかな確率でも台湾に本当の有事が起きるのだとするならば、そのわずかな確率で起きることに対して平和をまだ謳歌できているうちに話し合っておくべきだと強く感じるんですよね、日本人として。


第3回 サイバーセキュリティセミナー2021「外国からのディスインフォメーションに備えを!~サイバー空間の情報操作の脅威~」|公益財団法人笹川平和財団YouTubeページ


蛇足ながら、台日間での軍事目的での交流がどうとかいう懸念が野党から出るのは当然としつつも、実際には特にサイバーディフェンスの世界(もっぱら中国の人民解放軍系組織からのサイバー攻撃や、テロへの対策という意味で)では台湾と日本の間で話し合いが具体的に始まっています。

それどころか、日本ではあたかも「日本が日本人の血を流して台湾を救うのか」みたいな議論をしてますが、ぶっちゃけサイバー方面では日本より台湾のほうが圧倒的に進んでいて、むしろ台湾にいろいろ教えてもらって日本のサイバーディフェンスをどう構築しようかって感じの話になっております。なんかこう、日本のほうが偉いんだ、凄いんだって日本人が思いがちなのが困ったところなんですが、もしも周辺で台湾を見下すような日本人を見かけたら鼻にパンチでも入れておいてください。

 

オススメ記事:

月イチ連載「山本一郎の#台湾の件」第3回:バイデン大統領が日本にやってきて、台湾についておおいに語って帰って行った件

侵攻前夜に仏露首脳が電話で批判の応酬 プーチン、マクロン両氏の会談音声が流出

月イチ連載「山本一郎の#台湾の件」第2回:長崎平戸に生まれた鄭成功と明清交代に見る台湾史への憧憬

TSMC超え狙いサムスンが半導体などの技術開発に5年間で3560億米ドルの投資を発表

月イチ連載「山本一郎の#台湾の件」第1回:台湾に感じる親しみとウクライナ侵攻が孕む他人事とは言えない問題

あわせて読みたい