2022-06-25 ライフ

贈り物にもぴったり! 日本のおしゃれ防災グッズー日本と台湾の〈そなえ〉3

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

注目ポイント

日本と台湾の防災に関する〈そなえ〉をテーマにした連載企画の第3回。今回はインテリアになったり、普段使いもできるおしゃれな防災グッズをまとめてみた。

日本でも台湾でも、災害への備えとして欠かせないのが防災グッズ。前回紹介した台湾人の防災意識に関する調査でも、食料・飲料水の準備や、緊急避難セット(緊急避難袋)を用意している人の割合は高い。

台湾でも防災グッズへの関心は年々高まり、特に日本の備蓄食や防災用品は強いブランド力があるという。今回はいざという時に頼りになるだけでなく、プレゼントにも最適なおしゃれなデザインの防災グッズをピックアップして紹介する。

 

 

出典:Amazon.co.jp

家族構成に合わせて組み合わせられる備蓄セット

三和製作所「bibo」

部屋のインテリアを邪魔しないような防災グッズを探している人におすすめしたいのが、見せることを前提にデザインされた防災備蓄セット「bibo」。家族がいつも集まる場所に備蓄できるように、リビングルームや和室、子ども部屋など、設置したい空間に適した4種類のデザインが用意されている。

収納ボックスの中身は、食事や衛生用品、ラジオ、救急ツールなど。「男性用」「女性用」「シニア用」「キッズ用」と、それぞれの属性に合わせた備蓄品が収納されたユニットを自由に組み合わせられるのもポイントだ。贈答用に1歳未満のベビー向けユニットもある。

【Amazon.co.jpで「bibo」を購入する】


出典:Amazon.co.jp

今すぐ始められるローリングストック

杉田エース「DAILY IZAMESHI」

いざという時に保存食が賞味期限切れになっていることを防ぎ、災害時も日常生活に近い食生活を送れるように、日頃から備蓄を使い、使った分だけ買い足すローリングストックが定着してきた。

「IZAMESHI」は、「備蓄食から、おいしく食べる長期保存食」をコンセプトにした保存食で、ガスや電気なしで簡単調理ができ、味や安全性も追求されている。ごはん、おかず、パン、スイーツがセットになった1人3日分の「DAILY IZAMESHI」は、普段から食べたくなるようなメニューがラインナップされ、気軽に始められるローリングストックとして最適だ。

【Amazon.co.jpで「DAILY IZAMESHI」を購入する】


出典:Amazon.co.jp

女性に配慮した工夫が施された下着&洗濯セット

ファンクション「レスキューランジェリー」

災害時の女性の下着問題などを解決できるプロダクトとして、女性の視点から開発された防災グッズが「レスキューランジェリー」だ。

竹布を使用し、抗菌防臭性が高く着心地の良いブラトップやショーツ、布ナプキンに、それらをまとめるバッグや洗剤を同梱。バッグは防水加工が施されているため、水を運んだり洗濯もでき、人目を気にせずに下着を干せる工夫も。洗剤は環境に配慮され、避難場所でも場所を選ばず排水できる。

【Amazon.co.jpで「レスキューランジェリー」を購入する】


出典:Amazon.co.jp
業界最薄クラスの折りたたみヘルメット
ミドリ安全「フラットメット2」

建物の倒壊や危険物の落下が想定される災害時には、頭部を守ることが大切だが、一般的なヘルメットはかさばり、収納スペースに難儀しやすい。

「フラットメット」は名前の通り、収納時には約3.3cmの薄さになる折りたたみ式ヘルメット。フラットに折りたためるため、本棚や引き出しの中に収納でき、付属の収納袋を使えば玄関やロッカーなどにぶら下げることも可能。子ども用サイズも展開されているので、家族で揃えておける。飛来・落下物用国家検定合格品。

【Amazon.co.jpで「フラットメット2」を購入する】


出典:Amazon.co.jp
座って使える子ども用ポータブルトイレ
Smart Start「Tron」

大人ならまだしも、子どものトイレ問題は災害時には特に深刻だ。ポーランドの育児用品ブランドが手がけた「Tron」は、母親の声をもとに開発された子ども用のポータブルトイレ。特別な器具を用いることなく、広げるだけですぐに使うことができる。25kgまでの子どもなら座って用を足せる設計で、約30秒で250㎖の液体を一気に吸収し、生物分解性ポリマーによる消臭効果で臭いも軽減される。

災害時はもちろん、アウトドアや渋滞時でトイレが使えない状況にも役立つ。自宅に常備しておくだけでなく、車にも積んでおくと安心だ。

【Amazon.co.jpで「Tron」を購入する】

 

オススメ記事:

空襲を想定? 全台湾人が参加する防空演習ー日本と台湾の〈そなえ〉1

海への入り口?秘密の建物? 台北市立美術館の「藍屋」は“没入型パブリックアート”の青い家だ

格安チケットに増便も 本格的な国境開放を見据える台湾の航空業界

【まじないから見る台湾原住民族】ー台湾原住民族のまじない文化ー

台湾のキラキラネームは鮭?

 

あわせて読みたい