2022-06-24

雨だからこそ映える 緑美しい竹林と乳白色のお湯「仙石原温泉 箱根温泉山荘 なかむら」

天気が優れないジメジメとした日が続きますね。まさに梅雨真っ盛りです。雨の中の露天風呂は、しっとりとした風情がありますが、晴れた日の爽快さに比べれば、少し残念に思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、日本に数ある温泉の中には、むしろ雨の日との相性がいい景色もあります。また、内湯であれば天気の影響を受けずにお湯を楽しめます。

今回は、そんな雨模様でも映える竹林の深緑と、乳白色のお湯の色彩が美しい内湯を持つ「箱根温泉山荘 なかむら」をご紹介します。

「箱根温泉山荘 なかむら」外観

大小さまざまな温泉地が集合する箱根温泉エリア。「箱根十七湯」といわれるほど、多様な歴史、泉質、景観の温泉があります。今回ご紹介する「箱根温泉山荘 なかむら」は、箱根十七湯の一つに数えられる「仙石原温泉」にある旅館です。

仙石原温泉は、箱根の玄関口である「箱根湯本温泉」から、国道をさらに30分車で登ったところにあります。標高700メートルの草原地帯に、和風旅館からヨーロッパ風のホテルやペンション、保養所などが点在し、落ち着いた街並みです。

そんな仙石原温泉の中心地から少し離れた山の中に、「箱根温泉山荘 なかむら」はポツンと立っています。路線バスの「仙郷楼前」から徒歩5分ほどと、公共交通機関の利用も便利です。バス停から宿までの5分は急な登り坂で大変ではありますが、温泉までのちょっとしたウオーミングアップになります。

シンプルな洋風の外観は、山の緑に調和して、自然と溶け込んでいます。客室は全15室、静かな環境の中に立っているため、とても落ち着いた雰囲気の宿です。

大浴場「源氏の湯」

お風呂は男女別の内湯のみ。大浴場「源氏の湯」と小浴場「桐壷の湯」の2カ所があり、予約状況や時間帯による男女入れ替え制になっています。

訪れた日に入ったお風呂は、「源氏の湯」でした。10人以上は入れそうな長方形の大きな湯船に、それと同じくらい大きな窓が配され、内湯とは思えないくらい開放感のある空間が広がっています。窓の外には鬱蒼(うっそう)とした竹林が見え、乳白色のお湯とマッチして美しい。晴れた日の景色も素晴らしいですが、雨の日はいつもより色濃くなる竹林の緑と、乳白色のお湯とのコントラストが絶妙。雨だからこそ「映える」、絵画のような色彩にうっとりしてしまいました。

新鮮な湯が流れ出る「湯口」

泉質は、酸性-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。加水・加温・循環・消毒のない完全掛け流しで、鮮度を保った状態で浴槽へ。少し青緑がかって見えるミルキーホワイトのお湯は、ほのかに甘い硫黄の香りが漂い、温泉情緒抜群です。舐(な)めるとレモネードのように酸っぱく、刺激的な酸性泉ですが、ツルスベ感のある肌触りがまろやかで、しばらくお湯に身を沈めていると、全身を包み込むようなやさしい浴感に癒やされます。

宿全体が濃い緑に囲まれています

雨の日が続くと憂鬱(ゆううつ)な気分になりがち。そんな雨だからこそお湯そのものの良さや美しさをじっくり堪能する-、内湯だからこそ味わえる温泉の良さもあると思います。また、「箱根温泉山荘 なかむら」のお風呂から望む竹林のように、雨と相性の良い景色もあります。

雨とジメジメで溜まったストレスを、雨の日の方が映える温泉で癒やす休日もいいのではないでしょうか。

【仙石原温泉 箱根温泉山荘 なかむら】

住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1283-97

電話番号 0460-84-6012

URL https://hpdsp.jp/hakonesanso-nakamura/

【泉質】

酸性-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性 酸性 高温泉)/泉温64.1度/pH:2.0/湧出状況:蒸気造成混合泉/湧出量:不明/加水:なし/加温:なし/循環:なし/消毒:なし ◆完全掛け流し

【筆者略歴】

小松 歩(こまつ あゆむ) 東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター★)、温泉入浴指導員、温泉観光実践士。交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床での車中、ヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は2,200以上。好きな温泉は草津温泉、古遠部温泉(青森県)。

https://note.com/ayumukomatsu13/