2022-06-15 経済

「戦争状態」にある台湾の交通環境(前編)

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

注目ポイント

生涯のうちに交通事故で1回以上負傷する確率が8割に上る台湾。かつての日本で交通事故の負傷者・死者数が急増し、「交通戦争」という流行語が生まれたように、台湾の劣悪な交通環境を「戦争状態」と指摘する声も多く上がっている。活発な市民社会を持つ台湾の負の側面を、前後編に分けて掘り下げる。


●私たちと交通事故の距離

私が台湾に引っ越して来てからもうすぐで2年が経つ。この間、美味しいものを食べ、人の暖かさに触れ、心地良い時間を過ごしてきた。ただ一つだけ、どうしても慣れないことがある、それは台湾の交通環境だ。

私はこの2年間、台湾の街中で何度も轢かれそうになった。外へ出歩くと、歩道がないため、できるだけ道の端に寄って歩こうとするが、そこは無断駐車している車両で埋め尽くされている。駐車している車両を避け、車道の真ん中を歩かざるを得ない、そして迫り来る車とバイクはクラクションを鳴らし、至近距離で私を避けながら疾走していく。

これが台湾に住んでいる人の日常だ。

毎日、痛ましい交通事故のニュースが目に入ってくる。直近で言うと、歴史ノンフィクション作家の陳柔縉さんや、パラリンピック選手の陳亮達さんなど、台湾に大きく貢献してきた人らの命が交通事故によって奪われた。このような死亡交通事故は今台湾中で至る所に起きている。事故にあったら、その被害者だけではなく、その家族、友人の悲しさも計り知れないものだろう。しかし、なぜか未だにこの状況は改善されていない、人々はすっかり慣れているように見える。

台北医学大学公衛学院の高志文准教授は、統計データを用いて交通事故に関する台湾と日本の比較を行った。彼の計算によれば、人生で交通事故により1回以上負傷する確率は、日本が21.9%で、台湾が80.0%という凄まじい数字であった。そして、人生で交通事故により死亡する確率は、日本が0.189%、台湾が1.03%であった。また、交通事故の中でも若者の死亡率が高く、毎年約400名の18-24歳の若者が交通事故で亡くなり、年齢別死因だと交通事故は44%も占めている。(https://www.slideshare.net/hprc_tmu/1110330-1970-2021-pdf

上記データのように、台湾は日本と比べて、事故に遭う確率が圧倒的に高い。これに関して私自身もそう体感している。私の周りの人で言うと、半数以上の人が1回以上交通事故に遭っている。そして、交通事故によって大切な人を亡くした人もいる。台湾に住む人とって、こうした危険と隣り合わせの状況が日常になっている。この状態は、決して普通とは言えない。

 

●1970年代日本の「交通戦争」と今の台湾

「交通」と「戦争」という言葉を聞いたら、何を思い浮かぶだろうか。私は教習所の講習で習った1960~1970年代日本の「交通戦争」を想起する。実際、現在台湾では、1960~1970年代日本の「交通戦争」と呼ばれた状態を引き合いに出し、台湾の交通環境は「戦争状態」であると指摘する声が多く上がっている。

日本では、戦後から1960年代半ばあたりに、交通事故の負傷者・死者数が著しく増加し、1970年代にピークに達した。1951年から1970年の20年間に、負傷者数は31倍に(3万274人から98万1096人)、死者数は4倍(4429人から1万6765人)に跳ね上がった。そして、この死者数の水準が日清戦争2年間の死者数(1万7282人)に匹敵することから、この状況は一種の「戦争状態」であるとして、「交通戦争」と呼ばれていた。

急増する交通事故は、行政各分野が協力して取り組む重要課題となった。日本政府は1970年、交通安全対策基本法を制定するとともに、中央交通安全対策会議を設置し、交通安全対策の体制を確立していった。対策の詳細についてここでは触れないが、政府、関係機関、国民など各方面の努力により、交通事故件数は徐々に減少していった。そして2021年日本の交通事故死者数は、統計が始まって以来最少の2636人となった。

では、台湾はどうだろうか。2021年の台湾の交通事故の死者数は2990人である。日本と台湾の人口比は約5.5:1であることから、この数字の異常さを知れるだろう。2020年台湾の交通事故による死者数は人口10万人あたり約12.7人であり、この値は1960年代半ばから1970年代半ばまでの日本とほぼ等しい。つまり、2020年代に入った台湾は、50年前の日本と同じく「交通戦争」状態である。

ちなみに、台湾の交通事故件数は例年増加傾向にあり、2008年は17万127件だったが、2021年には35万8190件まで跳ね上がっている。台湾大学先進公共運輸研究科の張學孔教授の計算によると、台湾の交通事故による経済損失は毎年約4600億台湾ドルであり、GDPの3.17%も占めている。

グラフ, 折れ線グラフ

自動的に生成された説明

図:民國97年(2008年)から民國110年(2021年)までにおける台湾の交通事故死者数推移(引用:道安資訊查詢網)

グラフ, 折れ線グラフ

自動的に生成された説明

図:民國97年(2008年)から民國110年(2021年)までにおける台湾の交通事故件数の推移(引用:道安資訊查詢網)

 

●海外から問題視されている台湾の交通事情

上記の事柄が示しているように、台湾の交通環境の劣悪さは自明だ。しかし台湾国内では、未だに改革を求める世論は高まっていないと言えよう。ただ、こうした問題は海外から度々問題視されてきた。まずは日本を例にとって見てみよう。

2021年日本台湾交流協会によって発行された「台湾在留邦人安全の手引き」の「交通事故対策」の部分で、こう書かれている。

9.交通事故対策 

台湾では、日本に比べ、交通事故に遭う危険を感じる場面が多くあります。最近の台湾警察の統計では、犯罪発生件数よりも交通事故発生件数の方が多くなっており、皆様は日頃から防犯以上に交通事故防止に注意を払う必要があります。…(後略)

【歩行時の対策】 

○ 台湾人のドライバーは、歩行者よりも車両を優先する傾向があり、日本と比べて運転マナーが良くないことを常に意識する。 

○ 時間帯を問わず、青信号であっても横断歩道を渡る時は周囲の車両をしっかり確認する。
○ 歩行者の目の前をギリギリですり抜けていく右折車両には十分に注意する。
○ スクータータイプのバイクを歩道に駐車することが一般的であり、バイクが歩道を走行することもよくあることから、歩道を歩く際でも前後のバイクの走行状況にも注意する。
○ バスやタクシーの乗降車時も、バイクが車両と歩道の間をすり抜けてこないかを確認する。 

(引用:台湾在留邦人安全の手引き,https://www.koryu.or.jp/Portals/0/safetyinfo/台湾在留邦人安全の手引き.pdf ,p 15.)

 

このように台湾の交通環境の危険さは、日本から「お墨付き」をもらっている。

日本以外に、アメリカやカナダなどの公式旅行案内でも、上記のように台湾の交通状況に関する注意喚起が書かれている。

また、香港人であるYouTuberの「ΣSigma二次元解密」は、台湾の交通環境に関して興味深い指摘をしている。彼によれば、台湾では同性婚が合法化するなど、アジアにおいて進歩的な価値観を有していると評価している。しかし、こうした進歩的な価値観に反し、交通インフラは非常に原始的で粗末だと指摘している。

歩道と車道は一体化し、そもそも歩道がないことが多い

歩行者はバイクの間をすり抜ける、外に出かけることはまるで障害物競走のようだ

バイクの使用率は非常に高いが、人々のマナーや交通安全に対する意識は非常に低い

(引用:YouTubeチャンネルΣSigma二次元解密,「香港人眼中的台灣(一): 歷史經濟與文化 【Sigma閒聊】」)

 

また同じように、ジャーナリストの野嶋剛さんも、台湾の交通環境を「戦場」のようだと表現しながら、「台湾の社会倫理、生命尊重、人権いずれもかなり進歩しているが、残念ながら交通の問題だけはまだ社会的病理と後進性が残っている」とその矛盾を指摘している。(https://tw.appledaily.com/forum/20180112/5OU4U3ZSNDDZTOUNYSA72P3YWU/

彼らの言う通り、活発な市民社会を持つ台湾、しかしその道路環境は、もはや市民の基本的生活を侵害する形で許容されている。
 

●弱肉強食の世界

整備されていない交通インフラ、特に歩道や公共交通機関が完備されていない環境は、弱肉強食の世界となり、体積が大きいものは有利になる。台湾の道路で身の安全を確保したいのならば、自動車を所有することが唯一の選択肢になる。逆に自動車を持つことができないものは、必然的に弱者になる。

歩行に関して言うと、こうした交通環境は、高齢者、身体障がい者や、社会化されていない子供にとって、極めて危険なものとなる。首都の台北では比較的歩道や公共交通機関が整備されているが、台北から外れるとそれは著しく乏しくなる。

道路, 屋外, 建物, ストリート が含まれている画像

自動的に生成された説明

(引用Facebookページ:台灣.步行者地獄 Taiwan is a living hell for pedestrians)

街中にいると、よく車椅子利用者が車道で走行しているのを見かける。自動車は車椅子利用者を避けながら通っていき、これを見るたびに冷や汗をかく。台湾では歩道が充実しているとは言えないが、ないわけではない。しかし、その歩道には電柱、地上変圧器、無断駐車しているバイクや車など、障害物で溢れている。車椅子で通れるものとはとても思えない。

台湾の司法院は2020年、「公民行動方案競賽」と題する、公共政策の問題を発見し、研究を通して解決策を提案し合うコンテストを行なった。その中で、参加者の「光合作用」チームは実際車椅子に乗り、歩道を利用し、上記のような多くの問題点を指摘した。

また、車椅子利用者のYouTuber「Chairman椅人 」も、「出かけることは戦争だ」というタイトルで、普段生活している上で感じる不便な点を取り上げた。

これらの動画は、中国語がわからなくとも、映像を見るだけで、車椅子利用者がどれだけ不便な生活を送らされているか窺えるだろう。

次に子供の通学を見てみよう。台湾で子供が道路で歩くことは、保護者にとって恐怖そのものだろう。したがって子供の身を守るためにも、通学の際、保護者はバイクや車で送り迎えしていることが多い。台湾では下校時間になると、大量のバイクと車が校門の前で泊まっている、時には車道にまではみ出している。靖娟児童安全文教基金會の調査によれば、台湾では9割の小学生が保護者の送り迎えで通学している。基金会の代表林月琴氏は「保護者の交通環境に対する不信感が浮き彫りになった」と言っている。また、これに関しては「過保護な文化」類の問題ではなく、同調査によれば、保護者としては子供が自ら登下校できる能力を身につけてほしいとのことだ。

バイクに乗る人々

中程度の精度で自動的に生成された説明

(写真引用:聯合新聞網,https://udn.com/news/story/6885/5798458

最後に私の台湾の友人のエピソードを少し話したい。ある日、友人は祖母に彼が在籍している大学を案内した。案内をし終え、大学の校門から向かいの商店街を繋ぐ横断歩道を渡ろうとした。横断歩道の距離は30メートルと長く、しかしその信号機はそれに合わない短い秒数だった。信号の秒数が終わりそうになり、周りの若者が小走りで渡り切る中、足腰が不便な祖母は、赤信号になっても横断歩道に残されていた。友人は祖母を必死に急かすが、祖母の歩く速度は早くなれるわけではなかった。幸い無事に渡ることができたが、彼は祖母を急かした自責の念と、何もできなかったもどかしい思いを私に伝えた。

この話に関連してもう一つ私の観察を話したい。私が在籍している大学の前の大通りは、横断歩道が少ない代わりに、歩道橋がいくつか鎮座している。私はよく歩道橋を利用するが、建物の3階くらいの階段に登り、いつも息があがる。その際、車椅子利用者や高齢者はこれに上り下りできるのかと、よく考えたりする。実際私は歩道橋で高齢者や車椅子利用者を見たことがない、それも当然だろう、おそらく彼ら彼女らは、500メートル先の横断歩道まで移動して道路を渡っている。行く先は、実質20メートルの向かいにあるのにもかかわらず。

上記二つの話で問題提起したいのは、車を本位とする道路設計、都市設計そのものだ。もちろん、これに関しては台湾だけの問題ではない、ただ台湾の道路環境は歩行力の弱い者にとって格段と不親切であることは確かだ。歩行者の便宜を無視した信号、歩道橋、地下道が象徴するのは、自動車を効率的に通行させるという目的で行われた都市設計だ。私はここで車や運転者を批判しているのではない。ただ単に、弱い立場の人に、寄り添える環境を作れないだろうかと問いたい。つまり「自動車」ではなく、「人間」を本位とする道路設計についてだ。これに関しては後編で触れておきたい。

 

以上私の体験と今の議論やデータを交えながら台湾の交通事情について説明してみた。ここまで見れば、些か「文化的な問題」として感じ取れる側面もあるだろう。確かに台湾の交通マナーが悪いのは事実だ。しかし、私としては、マナーの問題以前に、それを規定しうる構造的な要因について考えていきたい。本稿の後編では、こうした問題意識をもとに書いていく。

後編では、まず交通問題が「文化」「個人」の問題として落とし込まれる現状を注視し、その責任主体について考えたい。次に、現在台湾で多く提唱されている3E対策案(教育Education・法制Enforcement・技術Engineenring)を吟味し、台湾の現状と照らし合わせる。そして、直近で起きた台北市交通局の炎上事件を通して、批判の対象にされてきた台湾のバイク利用者について再考していきたい。

なお、本稿作成にあたり、Facebookページ「我是台灣行人 I’m a pedestrian in Taiwanさんから多くの資料と知見を提供していただきました。ここに感謝の意を表します。

 

オススメ記事:

「台湾なまり」のチベット人シンガーソングライターの憂鬱

台湾のキラキラネームは鮭?

月イチ連載「山本一郎の#台湾の件」第3回:バイデン大統領が日本にやってきて、台湾についておおいに語って帰って行った件

時代をまたぐ台湾の若者たちの“ラブ・スポット”とは… 90年代の西門町の古き良き時代のデートシーンを再現

1軒の貸会議室から始まった空間シェアリング TKP河野社長が開拓した新たなビジネス分野【日台エグゼクティブの眼-Vol.2】