2022-06-14 流台湾

台湾のキラキラネームは鮭?

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

注目ポイント

台湾では、去年の3月、寿司を無料で食べるため「鮭魚」に改名した人が331人にのぼり、大きな話題になった。一方日本では今年5月、大空(すかい)、光宙(ぴかちゅう)は認められて、一郎(たろう)、高(ひくし)は認められないという案が示された。

≪日本のキラキラネーム≫

日本では、出生届には子供の名前の読み方を書くが、戸籍には書く欄がない。だから親は、世界一大切な子だから、私だけの宝物だから、将来唯一無二の存在になってほしいからなどなどの様々な思いを込めて子供に名前を付ける。中には考えすぎて、或いは、考えなさすぎてキラキラネームを付ける親もいる。キラキラネームは大きく4種類に分けられる。一つ目は、伝統的でない当て字(外来語、和製英語、アニメキャラを含む)、二つ目は卑猥、悪の印象がある名前、三つ目は珍奇な名前を付けられた子供が将来、社会生活上不利益(笑われる、虐められる、就職に不利になる)を被るような名前である。一つ目の例が一番多く、色々なマスメディアで取り上げられ、クイズになっていたりする。

一つ目の例;黄熊(ぷう)・光宙(ぴかちゅう)・波波波(さんば)・誕生(でるた・ばーす)・男(あだむ)・輝星(きらきら・べが) 

二つ目の例;妃仁(ひにん)・珍子(よしこ)・愛歩(あほ)・悪魔(あくま)・九珠(くず)・羽姫芽(わきが)

三つ目の例;王子様(おうじさま)・混沌(こんとん)・煮物(にもの)・博忠(はくち)・黄泉(よみ)・菜七(ななな)

 

≪戸籍法改正へ≫

政府は行政手続きをデジタル化し、データベースを活用しようとしているが、戸籍に名前の読み方が記載されていないため、データベース検索が難しいなどの課題が指摘された。その過程で、いわゆる「キラキラネーム(DQNネームとも言う)」問題が持ち上がった。

法制審議会(法相の諮問機関)の戸籍法部会が5月17日、戸籍の氏名に新たに付ける読み仮名に関する中間試案をまとめた。その試案では、表記や読み方が多様化する「キラキラネーム」と呼ばれる個性的な名前をどの程度まで認めるが発表された。

音読み、訓読み、慣用で読めたり、漢字の意味との関連があったりすれば認めようとする案がその一つで、例えば大空(すかい)、騎士(ないと)、光宙(ぴかちゅう)は認められ、字と逆の意味や字と無関係で認められない名前として、高(ひくし)、太郎(いちろう)を紹介した。

子供が小さいうちは、アニメ系の名前でもメルヘン系の名前でもみんなかわいいと言って目を細めてくれるが、その子の年齢が上がるにつれ、子供は悪目立ちするようになり、肩身の狭い思いをするかもしれないことを、親は知るべきである。時代はまだキラキラネームに追い着いていない。

 

 ≪台湾人の名前≫

台湾人や中国人の名前といえば、私たち日本人は劉備とか成龍(ジャッキーチェン)とか孫文のような二文字名か、楊貴妃とか蒋介石とか呂明賜のような三文字名の名前をイメージする。たまに諸葛孔明とか欧陽菲菲のような4文字名もある。実際ここ台湾では3文字名が主流である。しかし戸政事務所によると、立法委員選挙候補者の15文字、ユーチューバの19文字の人もいるそうで、去年の3月にはシステム上限の50文字の名前に改名した強者も現れた。日本にはもっと長い名前「寿限無寿限無…」があって全部で107文字だが、どっこい、台湾のは本名である。

台湾では一生の間、自分の名前を3回変えることができ、しかも1回80元(約360円)、30分で手続きが完了する。非常に簡単に改名できるため、風水や占いに基づいて名前を変える人が多い。

台湾の子供の名づけは、漢字の意味で選ぶものと、風水や占いで選ぶものがある。中国語は、漢字一つ一つにはっきりとした意味があるので、親の想いを子の名前に託しやすい。この点は日本も同じだと思うが、日本と違うのは、中国語の漢字の発音はほとんど一つだけ(複数の読み方があるのは全漢字の約2%)で、本来の発音と違う読みをさせることはまずない。

 

≪鮭の反乱≫

2021年3月、業界最大手の回転寿司チェーン店スシロー台湾で、「愛の迴鮭祭り」という二日間のキャンペーンをやった。自分の名前に「鮭」「魚」と同じ漢字か同じ発音の字があれば無料になるというもので、該当者一人につき5人まで同伴してもよく、最高で6人、タダで寿司が食べ放題になる。これには若者を中心に多くの寿司好きが飛びついた。新北市で100人、高雄市56人、台北市51人、台中市46人、台南市30人、桃園市21人など台湾全国で計331人が寿司のために改名した。ただ、台湾では一生に三度しか改名できないので、数千元の無料寿司のために鮭魚に改名、そして元に戻すために二回目の改名をすることになる。幼少期に親によって既に2回改名されていて、そのことを知らずに鮭魚に改名した結果、元に戻せなくなった若者や、元に戻す前に交通事故を起こし、「鮭魚」の名前のまま正式に行政手続きされた者、また、「くら寿司」を「スシロー」と間違えて、たらふく飲食をした結果、支払い時に目玉が飛び出るほど請求された者など、様々な悲喜劇巻き起こした。

この一連の騒動を台湾では、「鮭の乱」と呼んでいる。

 

オススメ記事:

台湾の中薬コロナ治療薬―海外から好評価逆輸入-

6月が旬!台湾の生ライチを食べよう

「悪女(わる)」-原作コミックと平成版ドラマと令和版ドラマ-

書体デザインの新たな夜明け! 「justfont」が台湾に巻き起こしたムーブメント

自民党青年局台湾訪問 未来の首相と台湾の絆