2022-05-29 政治・国際

PM2.5から身を守るためにすべきことは

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

注目ポイント

PM2.5は人体に入る場合、2つのパターンがある。1つ目は鼻腔から入り肺に直接影響を与え、それが全身の組織や臓器に影響を及ぼす。そして2つ目は、私たちの肌や目に取りついて、常にかゆくし不快にさせる。

1)PM2.5とはどんな物質なのか?

PM(Particulate Matter)とは、私たちが毎日呼吸している空気中に浮遊する塵のような粒子の塊のことである。肉眼で確認するのは難しいほど小さな粒子だが、その大きさには違いがあり、2.5ミクロン以下のものが、よく耳にする「PM2.5」と呼ばれる微小粒子状物質である。

PM2.5は気道の繊毛や粘液でろ過されないため、一度吸い込むと一気に肺に到達して蓄積されることから、別名「肺吸入粒子状物質」とも呼ばれている。高濃度のPM2.5を長時間吸引または曝露(ばくろ=浴びる)すると、アレルギー発症、喘息(ぜんそく)、心疾患等を引き起こし死亡リスクが高くなる。アレルギー体質の人であれば、その症状はさらに重くなる。
 

2)発生源

PM2.5の発生源は、「一次起源」と「二次起源」に分類される。まず、自然または人為的な直接排出によって一次的に発生するものとして、海塩の飛沫、野焼き、輸送機関の排出ガス、工業排出ガス、家畜の排泄物などがある。そしてそれらが大気中で複雑な化学反応と光化学反応を起こし、二次的に生成されることになる。光化学反応は日射によって促進されるため、正午に向けて濃度は上昇する。

台湾では、PM2.5の発生源のうち30~37%が移動体由来(バイク、乗用車、トラックなど)、27~31%が工業由来(電気、鉄鋼、化学材料製造など)、32~43%がその他の由来(道路塵、建設現場、屋外燃焼、空き地の土埃など)である。

台湾の大気中のPM2.5は本土からの排出のほか、国外流入の影響も受ける。環境保護署の拡散シミュレーションデータによると、国外流入物質が台湾のPM2.5濃度に影響を及ぼす割合は年間平均34.0%(66.0%が国内源)で、季節の変わり目と秋冬の2シーズンは高い数値を示し(それぞれ37.8%と41.7%)、夏期は10.1%となっている。

近年、中国大陸の工業が急速に発展し、大気汚染物質の排出問題もますます深刻化している。1995年から2010年にかけては、中国大陸地域のNO2とSO2(PM2.5前駆物質)などの汚染物質濃度は2倍に増加した。中国大陸東北地域の大気汚染物質は、気流とモンスーンによって近隣の台湾に長距離移送され、特に秋冬の季節は、台北地区の空気の質に大きく影響を及ぼし、国民の健康を損なうリスクはかなり高まっている。

国家環境医学研究所の大気汚染に関する研究によると、大気中の粒子物質PM10の汚染物質に比べて、小粒子PM2.5は台北地区に長距離移送しやすく、大気の質を悪化させ、冬は夏よりも深刻になる。特に汐止区はPM2.5の長距離移送による影響度が永和区より高くなる。台北地区のPM2.5質量濃度の25%は、中国大陸地域の長距離移送に起因しているが、大部分のPM2.5は台湾本土の汚染源に由来するもので、環境保護署が提供したデータ結果とほぼ一致している。

これら長距離移送されたPM2.5の大部分は、依然として交通排出(59.7%)によるもので、次いで石炭(20.7%)と粉塵(19.6%)となる。台湾の大気環境は年々改善され、近年は中国大陸外から移入される汚染物質の影響も減少してはいるものの、この問題を真剣に受け止め、排出量と曝露量の削減を続ける必要がある。

屋外の発生源だけでなく、室内の空気環境を良好に保ち、喫煙、焼香、油煙を避け、定期的に清掃して室内汚染を減らすことも重要だ。高雄市の研究によると、家で料理をする際、室内のCO2・NO2濃度、及びPM2.5の濃度は、料理をしていない時より著しく高い数値を示しており、そのため、家の中で焼却や炊事などを行う場合は、窓を開けて適度に換気することが重要である。
 

3)曝露経路

PM2.5は呼吸器を通して吸い込むものと、アレルゲンとして取り込まれるものがある。前者は鼻腔から肺に直接影響を与え、全身の組織や器官ににも影響を与る。また後者は皮膚や目にかゆみを与え、非常に不快な思いをさせる。両者の経路と影響は次の通りだ。

気道吸入では、PM2.5が鼻やのどを通って気管や気管支に入り、肺胞でガス交換が行われる。肺胞に入ると、マクロファージがこれを異物として飲み込み、免疫機能に影響を与える。また、肺胞を通過して血流に混入すると、全身に運ばれて組織や臓器に影響を与える。

またアレルゲンとしては、PM2.5の粒子は皮膚の表面に付着しやすく、大量の粒子が付着すると、毛穴を塞いでニキビを悪化させるほか、アレルギー源として、皮膚アレルギーや目のかゆみ、乾燥、赤みなどの問題を引き起こす可能性がある。

 

4)人体への影響とリスク

大気汚染物質は、2013年、国際がん研究機構(IARC=International Agency for Research on Cancer)によって、第一類発癌物質に指定されている。これら浮遊粒子状物質は、肺に入る粒子の大きさによって影響も異なり、PM2.5には、ダイオキシン、多環芳香族炭化水素、重金属などの有害物質が含まれやすい。これを長期間吸引すると、アレルギー、喘息のほか、肺気腫、肺がん、心疾患、肝臓がん、血液疾患などを引き起こす原因になることが、多くの疫学調査によって明らかにされている。

Wang F et al.,2021 の研究データによると、PM2.5濃度が1μg/m3増加するごとに、他の変数を制御して、呼吸器疾患による病院受診の確率が1.316倍増加することが示されている。また、Shen YL et al.,2018は、PM2.5曝露と睡眠呼吸障害(SDB)の相関を示しており、特に春と冬には、呼吸停止数(apnea-hypopnea index、AHI)と血酸素飽和低下指数(oxygen desaturation index、ODI)に大きな影響を与えるということがわかっている。PM2.5に曝露された時の一般的な症状は次の通りだ。

呼吸器疾患:喘息、COPD、慢性気管支炎

心血管疾患:心拍不整、冠状動脈疾患、心筋梗塞、虚血性心臓病

ほかにも、免疫力の低下、脳卒中のリスク上昇、アルツハイマー型認知症などの認知症、パーキンソン病などがある。

また、肺がんのリスクを高め、早産や低体重児の原因ともなる。そして、意外に知られていないこともある。

膀胱がん:本研究では、PM2.5曝露と膀胱がんとの関連を調査した。 地理的加重回帰法(GWR)モデルを用いて、台湾北部の農村地域の男女において、PM2.5濃度が膀胱がん死亡率と関連していることが明らかにされた[6]。

先天性心疾患:出生前に高濃度のPM2.5(5μg/m3)に曝露すると、先天性心疾患(CHD)、特に心房横隔欠損症(ASD)、心房横隔欠損症(ECD)や肺動脈弁狭窄症(PAV)のリスクが高まることが研究で示されている[1]。

第二型糖尿病のリスク増加:研究によると、PM2.5の長期暴露によって第二型糖尿病(Type 2 Diabetes)の罹患に関係があることが分かった。10μg/m3のPM2.5が増えるたびに、第ニ型糖尿病のリスクが11.0%増加する[2]。
 

5)予防方法と対策管理

まずはPM2.5の情報を把握することが大切だ。天気とともに毎日の大気の状態を確認し、その対策となる生活習慣を身につける必要がある。

大気汚染度指数(AQI)は、当日の空気中のオゾン(O3)、微小粒子状物質(PM2.5)、粒子状物質(PM10)、一酸化炭素(CO)、二酸化硫黄(SO2)及び二酸化窒素(NO2)濃度などの数値に基づいて、各汚染物質の値を人体への影響度に換算し、各副指標の最大値をその日のAQI値としている。大気汚染度指数(AQI)による影響及び日常生活に関するアドバイスは次の通りだ。

鼻口腔気道を保護すること。外出時にはマスクを着用する。マスクはできるだけ顔に密着させ、微小粒子状物質(PM2.5)の曝露を減らす。

ラッシュアワーには外出を控える。屋外での活動時間を減らしたり、エクササイズの方法を変えたりして、ラッシュの時間帯や区間を避ける。特に高齢者や子供、または慢性呼吸器疾患の患者には必須。

免疫力を高める。生活のリズムを整え、適度な運動によって新陳代謝を高める。公共交通機関や自転車、歩行での移動を多くする。

汚染空気への接触を減らす。屋外から室内に入る際は、手や顔を洗い、鼻腔内をきれいにする。ドアと窓は適宜閉めることを忘れないようにする。

PM2.5を多く吸い込まないようにする。外気が霞んでいる時は窓を開ける回数を減らし、副流煙、線香や冥銭などの煙を避け、空気清浄機を使う。

では、PM2.5を減らすにはどうしたらよいのか?
 

 

個人でできることは、食事において、 煮物や蒸し物を中心に選び、焼き物は控えめにする。

衣服は、天然繊維素材や環境にやさしい衣類を多く選ぶ。住まいについては、住環境を緑化し、電気を節約する。タバコを控えるのは当然。

移動については、公共交通機関や自転車を利用する。また、できるだけ歩く機会を増やす。

教育も大切な要素。 大気汚染と自己防衛について学び、紙ゴミを減らし、再生紙や電子機器を使用する。また、環境活動などにも意欲的に参加し、環境にやさしい参拝方法を推進する。線香や冥銭の量を減らし、まとめて短時間で焼く、また爆竹は環境にやさしいものを使用する。


政府としてやるべきことは次の通り。

工業汚染源、移動汚染源及びその他の汚染源をそれぞれ改善するための措置。

工業汚染源については、電力設備の管理強化と電力部門の排出基準の厳格化、季節別の大気汚染率料金の設定。また、エネルギー資源統合の推進、排出基準の厳格化、ボイラー使用量の削減など。

移動汚染源として、ディーゼル大型トラックの汚染物質排出の改善。段階的廃止を促す補助金優遇措置の提供や、古い車両へのアクセス制限、新旧トラックの入れ替えに伴う税金還付などの措置。

2サイクルエンジンバイクについては、 補助金を減額して廃止を促すか、使用を禁止または制限する。ほかにもポートエリア輸送制御、公共交通機関の利用率向上、鉄道貨物輸送能力の向上、電気式青果物搬送機の普及を推進。

その他の汚染源を削減。農業廃棄物規制をして野外焼却面積を減らす。人々の風習に関する規制も変える。冥銭をまとめて焼却し、祭りの花火を減らしたり、飲食油煙規制をかけ防制設備を増設する。建設及び堆積粉塵規制や河川粉塵の予防と対策も欠かせない。
 

企業としては何をすべきか。政府と連携し、自主的に排出量を削減する。

二酸化炭素排出量を削減する製品または技術への投資など。

台湾の空気汚染防止過程は以下の通り。

1975年、『空気汚染防止法』を制定

1993年、全国空気品質モニタリングステーションネットワークの設置を完了

2012年、PM2.5の規制基準値を公表し、基準値を年平均15μg/m3、一日平均35μg/m3に設定

2015年、「空気清浄行動計画」を提案。電動二輪車(E-BIKE)、電動バス(E-BUS)などの電動交通の推進、ディーゼル車に排ガス測定器の設置、ホテルの天然ガスボイラーの使用推進などの強化措置。

2017年、最新の「14+N」空気汚染防止措置を推進

2018年、『空気汚染防止法』の改正を完了

「14+N」とは何か?"14 "は、政府が実施する大気汚染防止戦略で、汚染源によって以下のように区分される。

固定汚染源: 1「電力施設管制」、2「ボイラー管制」、3「農業廃棄物燃焼排煙規制」、4「建設及び堆積粉塵管制」、5「飲食油煙規制」、6「風俗習慣を変える」、7「河川粉塵防制」

移動汚染源 :8「ディーゼルトラックの1期・2期の段階的廃止」、 9「ディーゼル車にスモークフィルターを取り付ける」、10「ストロークバイクを撤去する」、11「ポートエリア運輸管制」、12「公共交通機関の利用人数を上げる」、13「鉄道貨物輸送能力を向上させる」、14「野菜・果物の電気輸送車を推進する」

“N”は、人々の要求に焦点を当てた解決策や選択肢の数を指す。

例1 「電力設備の制御」に対する国民の要求は、石炭の使用を減らすこと、石炭や石油コークスの燃焼を禁止する法律を制定すること、石炭の使用スキームを減らすことである。

政策対応としては、電力部門の排出基準の強化、老朽化した高濃度汚染発電装置の廃炉、天然ガス発電機への大気汚染防止装置の設置などが中心となっている。

例2 移動汚染源での「ディーゼルトラックの1期・2期の段階的廃止」「2サイクルエンジンバイクの廃止」は、古いバイクや排ガス面で深刻な問題を抱える大型車に対する国民の要望である。

政策対応としては、検査・届出の強化、盗難車の削減、大型ディーゼル車廃止のための補助金制度を整備し、ディーゼルトラックの段階的廃止を加速させるインセンティブを提供することである。

今後の規制の方向性は、まず統合排出量管理システムの推進。有害大気汚染物質の管理という観点から、将来的には、有害大気汚染物質の発生源の完全管理も許可管理システムに組み入れ、全体的な汚染防止管理を効果的に実施する予定だ。

次に許可検査の管理を強化すること。 所轄官庁は許可証を使って汚染源の運転状況をチェックし、関連規制に適合していることを確認する。

そして、中華民国112年大気品質改善目標。 2023年までにPM2.5の年平均濃度を15μg/m3(一日平均35μg/m3)に下げる目標を再確認したほか、微小浮遊粒子状物質については、「良質大気を年1%増やし、不良大気を半減させる」という目標が追加された。

 

6)結論

大気汚染の改善は急務の課題だが、一朝一夕に実現できるものではない。プロジェクトの推進には、多額の投資と社会的習慣の改革が必要であるが、着実に押し進めていくことで、より質の高い生活の実現も可能である。大気の質を向上させるという目標達成のためには、公的機関、企業、一般市民、その全ての共同努力が必要不可欠である。

 

オススメ記事:

アジア太平洋地域の飢餓人口1億5000万人増加

インドネシア議会がイスラム派の妨害を乗り越えて6年ぶりに性暴力犯罪法を成立

混乱する教育現場in 台湾 対面授業 vs オンライン授業の葛藤!

Z世代の若者の視点から捉える、日本とアジア諸国における仕事文化の違いとは?

台湾とパイナップルのあれこれ豆知識
 

 



 

あわせて読みたい