2022-05-17 観光

台湾発のウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。ウイスキー初心者が楽しむには?

注目ポイント

台湾&お酒といえば、台湾のウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。ウイスキー初心者にとって、自分好みの味を探すのは至難の技。カバラン公認アンバサダーから伝授された「KAVALAN(カバラン)」の選び方&好きな味の探し方を交えながら、ウイスキー初心者にオススメの「KAVALAN(カバラン)」を紹介します。

大家好!keiko在台灣です。突然ですが、私はお酒を楽しむことが大好きです。台湾&お酒といえば、台湾のウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。お店で飲んだことがあるのですが、とても美味しいと感じました。しかし自分で好きなものを選んで購入となると、ウイスキー初心者の私にはかなり敷居が高く感じます。

そんな初心者の私が、先日カバラン公認アンバサダー櫻井悠奈さんとイベントに出演する機会があり、「KAVALAN(カバラン)」の選び方&好きな味の探し方を学ぶことができました。今回はその時に学んだ内容を少し交えながら、ウイスキー初心者にオススメの「KAVALAN(カバラン)」を紹介します。

Ⓒ2022 Kavalan Pure Taiwan

 

 

 

1.KAVALANとは?

「KAVALAN(カバラン)」は、台湾発のプレミアムシングルモルトウイスキー。

(※シングルモルトウイスキー=1つの蒸溜所のみで製造される、大麦の麦芽のみを使ったウイスキーのこと)

みなさんもご存知の通り、台湾は1年の大半が暑い夏のような気候です。台湾の気候でウイスキーを作るというのは、常識ではありえないことでした。その高温多湿というデメリットを「熟成が進みやすい」というメリットに変え、今ではたくさんのシリーズを揃えるまでになったのです。

カバラン蒸留所は、台湾の宜蘭県にあります。宜蘭県は台湾の中でも雨が多く、そのため雪山山脈で磨かれた上質な水が豊富な地域。ウイスキーの命となる「水」に恵まれた土地です。

Ⓒ2022 Kavalan Pure Taiwan

 

その土地に「金車グループ」は2005年、たった9ヶ月で蒸留所を完成させ、2006年に蒸留をスタート。広大な土地に作られた蒸留所内には自社の樽製造場を構えるなど、こだわり抜いた設備や人材が揃っています。

カバランを造っているのは、台湾の飲料メーカー「金車グループ」。台湾好きの方なら「MR. BROWN COFFEE(伯朗咖啡)」と聞くとピンくるかもしれません。KAVALANは、金車グループの会長である李添財さんが立ち上げたブランドなのです。

彼が「台湾でウイスキーを造る」という目標を掲げてから40年以上が立ち、今や世界中で数多くの高い評価をうけることになったお酒、それが「KAVALAN(カバラン)」です。

 

2.初心者におすすめしたいKAVALAN。初心者目線で味わってみました!

今回私が味わったのは、ディスティラリー セレクト シリーズです。

●カバラン ディスティラリーセレクト No.1

●カバラン ディスティラリーセレクト No.2

今回はこの2種を、ウイスキー初心者の私の目線で味を比べてみたいと思います。

Ⓒ2022 Kavalan Pure Taiwan

 

●カバラン ディスティラリーセレクト No.1

公式の解説については、下記の公式サイトをご覧ください。

公式ホームページ

まずグラスに注ぐと、とてもフルーティ&ウイスキー特有の木のような香りも感じます。ずっとその香りを感じていたくなるような、美しい香りなんです!口に含むと、南国を感じさせるトロピカルフルーツのような味わい。ウイスキーに慣れていない方でも、その風味を存分に楽しむことができる逸品です。ハイボールにすると、炭酸が弾けるたびにその香りを爽やかに楽しむことができ、夏に飲むのにぴったりだと感じました。

Ⓒ2022 Kavalan Pure Taiwan

 

●カバラン ディスティラリーセレクト No.2

公式の解説については、下記をご覧ください。

公式ホームページ

こちらはNo.1と比べて、爽やかな花やハーブの香りを強く感じます。飲んでみると、さらっとした飲み口です。甘みも少し抑えめの印象でした。こちらのハイボールはNo.1よりもさらに爽やかでさっぱりとした味わい。淡白な味の食事とも良く合いそうです。

 

3.ウイスキーの好みを知りたい時は「トゥワイスアップ」

ウイスキー初心者の私は「ウイスキーを味わうにはロックやストレートが良いんですよね?」と思っていました。ですが、カバラン公認アンバサダー櫻井さんから教えていただいたオススメの味わい方は「トゥワイスアップ」。グラスに、ウイスキーと同じ量の常温の水を注ぐだけで完成です。これはウイスキーの香りを楽しむのに、最適な飲み方なのだそう。自分の好みの味を見つけたいときは、ぜひこの飲み方を試してください。

 

4.初心者こそバーへ!お酒の味を引き出すプロの手を借りて、美味しいお酒を楽しもう

とはいえ、やはりウイスキーを味わうのって敷居が高い!そう感じる方はぜひバーへ足を運んでみてください。例えば「ハイボール」一つ取っても、初心者とプロが作ったものの味の差は歴然!初心者だからこそ、プロにそのウイスキーの味わい方を教わって、その魅力を最大限楽しんでみましょう。櫻井さんからも「初心者の方やお酒が苦手な方こそ、ぜひバーにきていろいろ聞いてください!」とのお言葉をいただきました。ぜひバーテンダーさんに相談しながら、自分の好みを見つけてみてくださいね。

 

カバラン公認アンバサダー櫻井悠奈さんがバーテンダーとして勤務するお店

「Bar Tenderly」のyoutubeはこちら

 

おススメ記事:

日本国内で台湾を楽しみ尽くす!台湾ガイドブック『おでかけ台湾in東京・京阪神』

【音楽から学ぶ台湾語ー「火車叨位去(列車はどこへ向かう)」】

博客来で学ぶ「本のジャンルの中国語」

生活が家を豊かにする

ガチャ用の炊けないミニチュア炊飯器を6種発売 台湾•大同電鍋が日本の玩具メーカーと共同開発