2022-02-08 経済

大注目の新刊本「レッド・カーペット」が8日発売 中国の経済力にひれ伏したハリウッドの実態暴く

© Photo Credit: AP / TPG Images

米国の映画産業と中国共産党の関係に鋭く迫った話題の新刊本「Red Carpet(レッドカーペット)」(エリック・シュワ―ツェル著=ペンギン・プレスから8日発売)を米紙ワシントン・ポストが紹介した。その関係は第2次大戦前、ハリウッドを経済力で屈服させた、あのドイツの権威主義体制を思い起こさせるとした。

戦前、ドイツはハリウッドにとって最も重要な市場の一つだった。米大手映画会社ユニバーサルは1930年、第1次大戦の敗戦国ドイツの悲劇を描いた独作家エーリヒ・マリア・レマルクによる反戦小説「西部戦線異状なし」を映画化。同社はドイツでも大ヒット間違いなしと確信していた。

ところが、力を持ち始めた国民社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)の反応は、想定外のものだった。まだ政権掌握の3年前だったが、同党宣伝部長ゲッベルスはこの映画の公開初日、劇場に集まった〝褐色シャツ隊〟と呼ばれた党の準軍事組織「突撃隊」の隊員たちを前に、「ハリウッドが名声を汚すために、ドイツにやってきたぞ」と語気を強め、同作品に不満を爆発させた。

これに驚いたユニバーサルは、ナチス党を刺激した部分をカットし再編集した。だが、ナショナリズムが高まるドイツの当局は、検閲後のバージョンを世界向けにも配給するよう要求。以降、全てのハリウッド映画がそのルールに従うことになり、ドイツ側が気に入らないものは配給契約を一方的に解除することを可能とする法令も施行された。

ゲッベルスは映画の力を理解していたという。「映画は最も近代的で大衆に影響力を与える手段」とし、「それゆえ政府は映画界を野放しにしておけない」と説いた。文化大革命下、毛沢東も映画産業を国営化。その後、米映画が中国国内に流入すると、1990年代には経済力にものを言わせ、ハリウッド支配を試みる。

「レッドカーペット」の著者は、ナチス党と中国共産党を単純比較することには慎重だが、ワシントン・ポストは中国によるウイグル人への民族浄化や、チベットでの弾圧を例に挙げ、「必ずしも慎重になる必要はない」と指摘。その上で、「中国をめぐるハリウッドの労苦を知っていれば、中国とドイツの抑圧行動の共通点に気づくだろう」と解説した。

同著がナチス党と中国共産党の共通点の典型例として取り上げたのは、マーティン・スコセッシ監督が、チベットのダライ・ラマ14世の半生を描いたディズニー映画「クンドゥン」(1997年)だ。同作がクランクインするや、中国政府はディズニーに圧力をかけ、製作を止めるよう求め、応じない場合はディズニーを中国市場から締め出すというカードをちらつかせた。すると当時ディズニーの最高経営責任者(CEO)だったマイケル・アイズナー氏はこの作品を事実上〝抹殺〟し、その経済力にひれ伏した。

同著によると、「映画は公開するが、できるだけ目立たないようにする。そのために宣伝費は最小限にし、公開する劇場を限定した。宣伝不足により初週売上が酷ければ、ディズニーはスコセッシに対し、上映館を増やすことはできないとの言い訳ができる」とした。当然、中国は同作品の輸入、上映を禁止した。

その結果、「クンドゥン」は製作費2800万ドル(約32億円)に対し、興行収入はわずか570万ドル(約6憶6000万円)という大赤字に終わった。同紙によると、「ハリウッドでもめったに見られないようなこの反道徳的行為に、アイズナー氏は許しを請うたと同時に、この映画を見た人はほとんどいないことを自慢した」。

これが、その後四半世紀にわたるハリウッドの中国忖度の始まりとなった。MGMはクリス・ヘムズワース主演の戦争映画「レッド・ドーン」(2012年)をめぐり、中国での上映を考慮して映画の中の敵国を中国から北朝鮮に変更。また、マイケル・ベイ監督の「トランスフォーマー/ロストエイジ」(14年)のように、中国人を敵役に描くことを避け、逆に英雄として扱う作品も出てきた。

中国という10億人規模の市場を失うことを恐れるハリウッドの映画会社は、中国共産党のご機嫌を伺う一方、近年は米中関係悪化により中国は米映画の輸入に慎重になっている。同紙は、「戦争がドイツの圧力行動を終わらせた。中国は自身を過大評価しているだけなのかもしれない」と締めくくった。

 

オススメ記事:

北京冬季五輪のスノー競技会場は全て人工雪 温暖化のため天然雪で開催可能な都市が激減

羽生結弦が史上初の4アクセル成功目指す 北京冬季五輪で3大会連続金の偉業に照準

北京冬季五輪出場選手の「表現の自由」に懸念 人権問題発言は中国の規制に反し処罰対象?

クーデターから丸1年…惨状続くミャンマー 軍事政府と武装化民主勢力の終わらぬ戦い

デンマークが1日、ほぼ全てのコロナ規制を撤廃 首相は「以前の生活に戻ろう」と国民に呼びかけ

 

あわせて読みたい