2022-04-25 経済

一家心中?相次ぐロシア大富豪と家族の死 プーチン氏の取り巻き関与を露SNSは示唆

© Photo Credit: Reuters / 達志影像 Gazprombank

ロシア・オリガルヒ(新興財閥)の有力者とその家族の死が相次いでいる。天然ガス大手ノバテク社の元副社長は先週、スペインのリゾート地で妻と娘と共に遺体で発見された。その前日にはロシア3大銀行の一つ、ガスプロムバンクの元副社長が、モスクワ市内の自宅で妻と娘と共に死亡しているのが発見された。それぞれの警察当局は、一家心中とみている。

だが、英紙デーリー・メールは、2家族のほかにも、プーチン大統領に近いとされた別の富豪2人が、今年になって不審な死を遂げており疑念を呼んでいると伝えた。

ノバテク社のセルゲイ・プロトセーニャ氏(55)は19日、バルセロナ近郊リュレッド・ダ・マールのヴィラで、首を吊って死んでいるのが発見され、斧で切り付けられて死亡したとみられる妻ナタリアさん(33)と18歳の娘の遺体も屋内で見つかった。現地の警察は、プロトセーニャ氏が家族を殺害して自らの命を絶ったとみている。

だが、地元の報道によると、遺書などは残っておらず、指紋を残さないように工作した形跡もあり、無理心中と結論付けるには疑問が多いと伝えている。

メール紙によると、プロトセーニャ氏の総資産は3億3000万ポンド(約544億円)とされ、副社長を務めていたノバテクはプーチン氏との関係が深いという。

また、18日にはガスプロムバンクのウラジスラフ・アバエフ氏(51)と妻イェレーナさん(47)、娘のマリアさん(13)の3人の遺体がモスクワのペントハウスで発見された。地元警察は、同氏が家族を殺害し、自殺した可能性が高いと発表した。アバエフ氏はガスプロムバンクの副社長に就任する以前はクレムリンの高級官僚だった。

メール紙は両方の事件について、心中と見せかけた他殺との疑いがあり、当局は捜査を継続していると報じた。ロシアのSNS「テレグラム」のチャンネル「モーザム・オビャスニット」は、「2つのおぞましい事件が、プーチンのインナーサークル(取り巻き集団)との深い関係があることが共通」だとし、また、家族が殺害されている手口も酷似していると指摘した。

オリガルヒを巻き込んだ不審死は他にもあった。メール紙によると、天然ガス業界の大物2人も今年に入り、立て続けに死亡しているという。

ロシアのウクライナ侵攻が始まった翌日の2月25日、天然ガス世界最大手ガスプロムの金融証券部門で副理事だったアレクサンダー・チュラコフ氏(61)が死んでいるのをレニングラードの自宅豪邸で愛人が発見した。首にはロープが巻かれていたという。当局は自殺としているが、地元の報道によると、チュラコフ氏は死亡する前に激しい暴行にあったことを示す痕跡が体中に残っていた。

チュラコフ氏が死亡する3週間前にも、同じレニングラードの高級住宅地に住んでいた投資会社ガスプロム・インベストの運輸部門トップ、レオニード・シュルマン氏(60)が刃物でめった刺しされ、血まみれの状態でバスルームの床に倒れているのが発見され、死亡が確認された。

メール紙によると、メモが残されていたが、当局は内容を明らかにしていない。また、発見されたナイフは、倒れていた場所から同氏の手の届かない距離にあったとされる。

一方、スペインで亡くなったプロトセーニャ氏の一家は家族仲が良かったとされ、不正を追及しているSNSテレグラムのチャンネル「トード・アンド・バイパー」は、同氏が家族を殺して、自殺したとは考えられないとしている。

プロトセーニャ氏はキプロスの企業株式をめぐり係争中だったことが判明。14年のロシアのクリミア併合以降、西側からの経済制裁による個人資産凍結を避けるため、ロシア企業の所有者らが自身の存在を隠ぺいしたり、代理人名義にすることが多いとされる。同氏もそれらの工作に巻き込まれ、何らかのトラブルがあったと推測する見方もある。

同氏が副社長を務めたノバテクはプーチン氏の友人で大富豪のゲンナジー・ティムチェンコ氏(69)が共同創業者。プーチン氏が貿易の取り引きはロシアルーブルだけに限るとした最近の勅令から同社は除外され、特別待遇を受けている。同社はまた、プーチン氏の資産を陰で菅理しているとされる幼なじみのピョートル・コルビン氏とも深い関係にあるとされる。

一方、プーチン氏のインナーサークルと強いつながりがあることで知られるガスプロムバンクの副社長だったアバエフ氏は、同銀行を退社して、ロシアの巨大国営コングロマリット、ロステック社の上級幹部の娘と共同でベンチャー企業を立ち上げる計画を立てていたという情報もある。

立て続けに起きた富豪らの死は自殺や心中だったのか、もしくは他殺なのか。ロシアのオリガルヒの闇は深そうだ。

 

オススメ記事:

「台湾なまり」のチベット人シンガーソングライターの憂鬱

北京・国防部トップが台湾問題で米国に警告 「中国の決意と能力を過小評価すべきでない」

台湾有事なら中国が情報網を切断する? インターネット支える海底ケーブル破壊も

バド女王 戴姿穎 世界1位最長記録更新中-立ちはだかる山口茜-

馬だけで暮らす無人島。 そこに魅せられた写真家が撮り続ける幻想風景