2022-05-26 政治・国際

Z世代の若者の視点から捉える、日本とアジア諸国における仕事文化の違いとは?

注目ポイント

大阪大学在学中からインドでの事業に携わり、卒業後も国際的なスタートアップ支援プログラムに参画するなど、早期からビジネススキルや国際感覚を積極的に磨いてきた武藤素輝さんは、グローバルなビジネス環境では「個性や表現力」が重要だと強調する。国際問題や多様性への感度が高いといわれるZ世代のリアルな意識を聞いた。

理系世界最難関の学生とインド現地の業者、異なる属性から受けた別軸の衝撃 

Q:なぜ他の国ではなくインドを選択したのでしょうか? またそこで何を経験しましたか?

大学1年生の頃から、大学生向けキャリア支援カフェを展開する企業でインターンをしていました。たまたまその企業がインドでも事業を展開していたことが、インドとの接点を持ったきっかけになります。 

当時インドにあった店舗は、店長も含め全て日本人大学生によって運営されていました。訪れた当初は現地の店長として、2年次にはタイミングにも恵まれインド事業の学生統括を任せていただき、以降は出店交渉や立ち上げ準備を目的として複数回現地を訪れました。

インド海外店舗オープン時の写真

Q:インドの文化に関してどのような違いを感じましたか? 

まず、出店交渉や店舗の立ち上げ期間において、深いレベルで協働した学生が2人います。2人は別々の大学ですが、共にデータサイエンスを専攻しており、普段は超ロジカルな研究世界に身を置く学生です。しかしそんな彼らに共通していたのは、決して頭でっかちにならず、最短最速で課題を解決しようとする柔軟性と行動力でした。プランからアクションまでのスピードがとにかく早い。頭で考えてみてわからないことは直ぐに実行し、あらゆる手段を講じて最速でケリをつけていく。 

店舗を展開しているインド工科大学の入試レベルは世界最難関と言われています。過酷な競争環境を勝ち抜くためのOSとして、多くの学生が自然に体得しているのではないかと思います。そんな彼らの基本姿勢は、自分の仕事スタイルに大きな影響を与えてくれました。

現地で協働したインド工科大学生 

また、資材調達や工事の段取りについて、インド現地の業者の方々とやり取りする機会もありました。そこでは価値観の違いに驚かされました。彼らにとっての業務上の「コミットメント」とは、日本人に置き換えると「ストレッチ目標」くらいの感覚であったことです。そのため、オーダーした期日に何かが完成することや、モノが届くことはまずありません。初めは相当なカルチャーショックを受けましたが、日々生じるこのようなハプニングに慣れていくにつれ、日本的な暗黙の了解や常識は決して当たり前ではないことに気づかされました。課題に直面した際、事態の改善や結果を他人に委ねるのではなく、自分自身の考え方や捉え方をまずは変えてみる。そんな姿勢がこの経験を通して身についたように思います。


米トップレベルのアクセラレーターで得られた経験、実感した他アジア諸国と日本の文化の差

Q:スタートアップ海外展開支援のプログラムに参画したきっかけは何ですか?

大学卒業後、経験の幅を広げるため、就職先の企業に入る前に1年間のギャップイヤーを取り、JETRO(日本貿易機構)と米アクセラレーターTechstarsが主導するスタートアップ支援プログラムの運営に携わりました。

コロナも徐々に落ち着きを見せる中、英語を使って海外の人と働ける機会を探していたところ、職員の大半が台湾出身者であるマツムラコンサルティングに勤務する友人の紹介がきっかけです。日本にいながらリモートで働けるグローバルなビジネス機会であることを知り、参画することを決めました。

Q:アジア各国の人と働く中で感じた日本との違いはありますか? 

プロジェクトのチームとしては、僕の他に日本人が1人、他のフルタイムのメンバーは全て海外の人で、台湾2人、韓国1人、シンガポール1人といったメンバー構成でした。

日本の組織で働いた時と比べ明らかに異なっていた点は、いい意味での上下関係のなさ、フラットさです。言語的な性質も大きく起因していると思いますが、プロジェクトに参加した直後から次々に意見を求められ、30代のマネージャー2人に対しても年代や世代の壁を全く感じませんでした。

Techstars プログラム Pitch Day ー 画像元  (e27)

Q:様々な国の人と仕事をする上で直面した課題は?

コロナの影響もあり、プロジェクトに関わる前の約1年半は全く英語を使用しない環境で働いていたため、最初は特に言語の面で苦労しました。

会議の内容が聞き取れたとしても、会話のスピード感に全くついていけない。意見があってもどのタイミングで発言したらいいかもわからない。また意見を求められてもパッと答えを出せない、初めの頃はそんな悲惨な状態でした。ミーティングに参加しているだけでは自分がチームにいる価値はなく、これではダメだと思いすぐに改善に向けて動きました。

まずインプットの面では会議を全て録音し、会話のリズムやタイミングを意識してその日のうちに聞き直しました。頻繁に会議で使用される言葉はピックアップし、場面毎に切り分けてシートに蓄積・反復することで必要な知識を効率よく吸収していきました。

アウトプットの側面では、まず会議が始まる前に自分が伝えたいことをまとめ、それをこちらから会議の冒頭でマネージャーに報告する形式を取り、強制的に自分が発言できる機会を作るようにしました。

一つ一つの会議における準備と振り返りを徹底したことで、プログラムが進むにつれてスピードにも慣れ、自分の言いたい意見もすっと述べられるようになり、チームに価値を発揮できるようになりました。

 

グローバルな環境で求められる、「個性と表現力」

Q:今後グローバルな環境で働きたいと思っている若者にとって、必要なことは何だと思いますか? 

あらゆる方面で自分はまだまだ未熟であり、経験も浅い人間ではあることは承知の上で、ありきたりな意見ではありますが「人としての魅力」、さらには、その「個性を適切に表現し伝える力」が根本的に重要なのではないかと感じています。

パフォーマンスの優劣も大切ですが、その前段階においてその人と働きたいと思われるか。また、自身が持つ個性をうまく表現し、異なるバックグラウンドを持つ人の懐にも入り込んでいける人間力があるか否か。自分にとっての今後の課題という意味でも、それがある人とない人とでは、掴めるものが全く変わってくるのではないかと感じています。

Q:最後に、ご自身も含め日本のZ世代の若者は、キャリアに対してどんな考えを持っているのでしょうか?

生まれた時からあらゆるものがコモディティ化した社会で育ってきたことから、一言でZ世代と言っても、自分自身も含め、それぞれ独自の価値軸でキャリアを捉えている人が多いように思います。

僕自身まだ先々の方向性が明確に定まっているわけではありませんが、できる限りバックグラウンドや、強みの異なる人と協働できる環境に身を置き続けたいと思っています。そんな人たちとのやり取り、時にぶつかり合いを通して、これまでの枠組みを日々アップデートし、より開かれた人間へと自分を磨き続けていきたいです。


武藤素輝(むとう もとき)

大阪大学法学部卒業。学生時代にHR系スタートアップにおけるインド事業の学生統括として、プラットフォームの拡大に従事。その後、事業開発支援を行う企業の創業期にジョインし、インターン生のPMとして参加学生1万人を超える大規模イベントを成功に導く。大学卒業後の一年間は、マツムラコンサルティング(有)に参画し、TechstarsとJETROによるスタートアップの海外展開支援を目的としたアクセラレーターを運営。2022年4月より、テクノロジーと金融財務戦略を軸に事業を展開する企業に入社し、法人向けDXソリューションの企画開発に従事。

 

オススメ記事:

オンデマンド交通は地域社会の救世主となり得るか:MaaSが導く日本の未来(第1編)

混乱する教育現場in 台湾 対面授業 vs オンライン授業の葛藤!

「台湾なまり」のチベット人シンガーソングライターの憂鬱

日本と台湾における消費者のオンライン購買行動について

世界をリードする台湾半導体産業の本質に迫る。日台の協業によって見えてくる未来とは。------【東京台湾貿易センター陳英顯所長 特別インタビュー】

あわせて読みたい