2022-04-21 ライフ

半世紀近く「生態系の大惨事」を撮らなかった?ー「荒野」の創立者徐仁修氏を独占インタビュー

© 荒野保護協會

注目ポイント

「建設業者が開発を計画するとき、生態系保全のための部隊を設立した。ショベルカーが土を掘り出す際に、子供を連れて自然探検に行く。私たちが便利を楽しむ時、彼はカメラを背負って荒野を記録する。何年もの間、徐氏の足取りは止まらなかったが、生態系崩壊の速度にどうしても追いつけなかった」。

徐氏は72歳で、荒野保護協会の創立理事長であり、生態系(自然)写真家でもある。彼は30~40冊の本を出版した作家だが、多くの人は忘れてしまった。彼が中國台湾両岸、東南アジアを走る「教育者」でもあり、さらに「思想家」であることを…。

 

なぜそんなことを言うのか?

1974年、28歳の徐氏は「中央日報」の副刊誌に「失われた地平線」という文章を発表し、自分が目撃した森での乱伐や、台湾での生態系保護の呼びかけを率先して行った。その時の徐氏は、台湾省政府の農林庁の研究員だった。

30歳の時、仕事でニカラグアに派遣された1年後、彼は今までしていた安定している「堅実」な仕事を捨て、単焦点カメラを担ぎ、マレーシア、フィリピン、インドネシアまで飛び、ゴールデントライアングル、ボルネオなどの雨林にも行ったことがある。もちろん、台湾の隅々も欠かさずに回った。その先40年間以上、彼は「生態系の大惨事」の作品は一切撮らなかった。

たくさんの人が徐氏になぜ「汚された画」を撮らないのかと聞くが、彼はいつも笑いながら「それは私が撮る必要はない。外に出れば見えるから」と答えた。しかし、本当の原因は、彼が1999年に出版した「猿吼季風林」という本から発見できるかもしれない。

 

「汚染を生み出し、大地を破壊する大企業に抵抗した。その結果、ギリシャ神話の九頭の妖竜に出会ったようで、竜頭を一つ切り落とすと、二つ生えてくるように、絶え間ない大きな“環境保護不良”の笠から脱出できない」

そして徐氏がやりたいことは、美を残すことだ。

「私がこれらを撮るのは、島にどれほどのあなたが知らない美しい景観があり、自然を鑑賞することで、これらの動植物を大切にしてほしいということを伝えたいからです。山登りは頂上を攻め、何を征服するかではなく、過程が最も重要です。玉山に登っても、玉山に咲いているツツジを見たことがありますか? 100の山を登るより、一つのことをよく知ったほうがいい」

 

© 徐仁修《台灣最後的荒野》

「こんなに多くの美しいものが私たちと同じ場所で育ったのですね。彼らは本当の“原住民”です。私たちより長く住んでいますが、もうすぐ消えるかもしれません」

© 徐仁修《台灣最後的荒野》

1995年、徐氏は「荒野保護協会」(以下「荒野」と略称)を設立し、これは台湾初の環境保護団体であり、購入、長期賃貸、委託または寄付を通じて、荒れ地の保護と管理権を取得し、できるだけ自然を回復させる。現在の「荒野」は台湾全土に11の支部と1つの準備所があり、マレーシアの「荒野」、中国の緑のコミュニティの組織も徐氏の姿が欠かせない。

徐氏はインタビューで、馬英九が初めて大統領に当選した2008年も「荒野」で大統領に会ったことがあると話した。「私が理事長になった時、彼はまだ台北市長で、以前は少し交流があった...しかし、お坊ちゃん(馬氏)はあまり関心がなく、だいたいは適当に訪問してくるくらい…その後の国光石化で私たちはまた大統領府に行き、抗議してきた。老犬に新しい芸を教えるのが難しいなら、子犬に教えろ!と」

徐氏は自然教育をより重視している。「荒野」のもう一つの重点は、まさに子供への自然生態系教育であり、幼稚園「小蟻団」から始まり、続いて小学校2~5年生の「炫蜂団」、5~8年生(中学)の「奔鹿団」で、9年生~高校の「翔鷹団」まで、両親同伴で参加し、すべての子供、家族が生命を尊重し、生態系に親しみを感じ、自然を愛することができるようにする。

「荒野」は設立から今日まで23年以上が経過した。徐氏は自分の第1期の子供について話した。その子供達は今や35歳ぐらいだ。ある人は博士として帰ってきて、ある人は学校(環境教育)で助教授を務め、またある人は環境保護署で奉仕し、最も多くの人は非営利組織(地球市民財団など)で活躍している。

多くの両親が「先生、何かお手伝いしましょうか」と尋ねる。

「私がお願いするとしたら、子供をちゃんと育ててくれればいいということ。この子たちは未来の大統領、首相になるかもしれない。それは地球を助けることになるかもしれない。郭台銘、王永慶のようにならないで。貪欲は止まらない。彼らがいなければ、台湾はどんなにいいか」

徐氏が書いた最初の小説「家は九芎林にいる」は、徐氏の故郷の新竹について話している。また“東方の「頑童冒険記」”と呼ぶ人もいる。その後、彼は詩集「村童野径」を出版し、幼い頃に周りにいた動物たちのことを書いた。例えば、老水牛、雄鶏、土犬、ネズミ、野生の蛇などだ。

徐氏は子供を自然に触れさせるのは最も基本的なもので、特に小学校の子供にとって最も重要なのは「故郷の建立」だと話す。

「あなたは故郷があれば、土地に対する感情が深く、郷愁があれば、生命に重みを感じる。だからスポンジのように吸収している子どもたちには、もっと自然の中に出て行ってもらいましょう。一番美しい色や一番素敵な音はそこにあるのですから」。(特集:山にかえる台湾人たちより)


あなたはビジネスに拉致されたのか、それとも自然に「戻る」のか?

徐氏はさらに、人間はすべての生物と非常に異なり、特に産まれた時から違うと言い、こう説明した。

「人間の遺伝子は空白で、生まれて泣く以外は何もできず、お腹が空いたら泣くだけだ」

例えばクモは、誰もクモの巣の編み方を教えないが、その遺伝子には全て染み込んでいるのだ。

しかしながら、赤毛ゴリラの子供は成長後オスは4~5歳、メスは7~8歳ぐらいでやっと両親の元を離れます。なぜなら、メスのゴリラの側で子供の出産、掃除、授乳、面倒を見る方法を学ばなければならないからです。昔、動物園で育った孤児ゴリラを見た。後にそのゴリラが子供を産んだ際、自分の子を恐れて面倒を見ることが出来ず、乳を飲ませることもなかったのです。それは子供の頃、母ゴリラに習うことも自分がされた記憶もなかったからだ。

「低等な生物ほど、多くの本能が生まれた時には既に遺伝子に書き込まれている。一方で知能が高い生物ほど生まれ持った遺伝子情報は少なく、その中で人間は最も少ない。しかし、だからこそ徐氏は人類も簡単に「コントロール」されると思っている。


 「あなたは誰ですか? あなたの名前はお父さんとお母さんがつけたもので、あるいは占い師がつけたのです。会話は他人が教えるもので、字を書くことも他人が教えるもので、学んだことは全部教えられたものです。私たちはいつの間にかコントロールされているのです。広告、メディア、さらに政府にコントロールされるかもしれません」


 

2013年のTEDxTaipeiの演説で徐氏は「私たちはずっと建設業者に“コントロール”され、広告、メディアを通じて、どんな家がいいか、便利かを宣伝され、地下鉄駅、学校、市場、病院に近く、そしてこれらのいい家は最も高く売れる。しかし、これらが本当に私たちが望む幸福なのか?」

「若者も教えられています。どんな服を着るのが流行ですか。実は、人々はファッションが何なのか全然知らずに、ブランドや企業にコントロールされています。なぜ去年流行っていた服は、今年は着る勇気がないのですか? 去年はキレイだと思ったのに、今年はなぜキレイじゃないの? みんながこのように着て、あはたは楽しいですか? これはコントロールされ、拉致されたのではないですか?」

しかし、人間は「本能」が全くないわけではない。人々はなぜ猫や犬を見て触りたがるのか、きれいな花と虫や、鳥の鳴き声が好きで、森の空気、草の香りが好きで、なぜ大自然を歩いていると「心曠神怡(心が楽しくなる)」と感じるのか?
 

「心曠神怡」とは、全身の三十数兆個の細胞が自分に「これが私が望むものだ」と告げること。なぜなら、私たちの全ての細胞は祖先から伝わってきたものだからだ。人類は数百万年の間、大自然の中で暮らしていたところ、ほんのこの100~200年に「文明の都市」に来ただけなのだ。都市に住むことが良いと教えられたが、私たちの細胞は実に不幸で、大自然に対する「郷愁」に満ちている。 

「私たちの世代は、大自然を無限銀行みたいに利用し、水を汚し、空気を汚し、環境を壊し、毒に満ちています。私たちが取ったものは、次世代から借りたものです。どうやって彼らに返しますか?」徐氏はこのように話した。そして、70代の彼は、決して立ち止まらなかった。

2016年、徐氏はまた新しい組織「荒野財団」を設立し、夢はさらに大きくなり、「中華圏の環境教育普及プラットフォームになる」ことを望んでいる。当時、多くの人が徐氏に、なぜ70歳で「刀を抜いて再び戦うのか」と尋ねた。彼はいつもこう答える。「それは私たちが社会に“埋め込まれた”という不思議な考えだ。なぜ人は仕事、貯金、定年しかないのか? 私の友達の多くは定年しました。1日中そこら辺で手を振って養生すると言います。しかし、人生は養生に使うものではなく、素晴らしく生きるもので、その物語を共有し、人を感動させるものです」

徐氏に台湾で撮ろうとして、未だ撮れなかった写真に何がありますか? と聞くと面白そうに「美人さん、私は一生美人をうまく撮ったことがない」と答えた。

 

© 關鍵評論網 / 羊正鈺

30数年前、彼が出版した「さよならを言わないで、台湾」という写真集は、既に絶版となり、表紙にある恒春の「出火」も、もはやなくなった。

「観光客が増えるにつれ、食べ物を焼いて、踏んで破壊し、炎の下の隙間を塞いで、地底からの天然ガスが地面に届かない。土地は駐車場に変わり、今の出火はもう当初の出火ではない」

2018年末、徐氏は募金して写真集「台湾の最後の荒野」を出版した。半世紀近くかけて蓄積した30万枚余りの写真、20万枚のスライドから精選し、台湾の美しさに最後の証言を残した。次に、彼はタイに飛び、全世界の熱帯雨林特集を撮っている。


 

【注】「銘印」(Imprinting)は「動物行動学の父」ローレンス(Konrad Lorenz)が提唱した観念で、行動生物学における不可逆的な学習パターンを指し、通常は1回だけ発生するか、または特定の発育時期に信号を受けて記憶され、人の一生の行動に影響を与え、一旦その時期を過ぎると、繰り返しメッセージを受け入れても、銘印と同じ効果は生じない。


 

〈おすすめ記事〉

あわせて読みたい