2022-01-18 経済

トンガ火山大噴火の被害状況いまだ全容不明 国際赤十字は国民の8割が被災との見解示す

© Photo Credit: AP / TPG Images

南太平洋・トンガの火山島で15日発生した大規模噴火。日本列島を含む環太平洋一帯に津波をもたらし、火山灰は3000キロ以上離れたオーストラリアにも達した。現地からはまだ人的被害は報告されていないものの、甚大な環境破壊が懸念される。過去30年で最大とされる今回の海底噴火で、一体何が起きたのか――。

噴火から3日が経過した現在も現地からの情報は断片的で、被害の全容は見えてこない。その主な理由が地理的なものだ。トンガ王国は首都ヌクアロファがある本島・トンガタプ島を中心に170の島からなり、人口は約10万7000人。その75%は本島に集中している。また、隣国のフィジーからは東に約800キロ、南のニュージーランド(NZ)まで2380キロも離れた位置にある。

今回噴火したのは本島から北に約65キロのハアパイ諸島にあるフンガトンガ・フンガハアパイ火山だ。その噴火により国際通信海底ケーブルが切断されたもようで、南太平洋でインターネットサービスを提供するプロバイダー「サザン・クロス・ケーブル・ネットワーク」は17日、復旧までに最大2週間かかるとしている。そのため、現地からの通信が困難になっているのだ。

噴火の凄まじさは、国連衛生センター(UNOSAT)が公開した噴火前後の衛星写真が物語っている。火山島の海面上には285ヘクタールの陸地(東京ドーム約60個分)があったが、現地時間17日午前10時53分(日本時間同6時53分)に撮影された写真では、陸地が吹き飛ばされ、ほぼ全て消滅していた。

噴火後の写真では、ヌクアロファ空港の滑走路周辺に津波による浸水の痕跡が見られ、滑走路上の白線も見えない状態となっている。

そんな中、近隣のオーストラリアとNZは17日、被害を把握するために現地に軍用機を派遣。NZメディアによると、本島では津波により複数の建物が、倒壊や浸水するなど大きな被害に遭っている。また、国際赤十字・赤新月社連盟は、人口の8割近くを占める約8万人が噴火や津波の影響を受けたとの見解を示した。

英BBCは駐トンガ・ニュージーランド大使館員の話として、あたり一面は火山灰が降り積もり、「月面のようだ」と伝えた。同大使館によると、本島西側の首都ヌクアロファ周辺に集中しているリゾートホテルなど、商業施設は津波や火山灰により大きな被害を受けているという。首都から西約21キロにある「ハハタフ・ビーチ・リゾート」の経営者らは、同リゾートが津波により壊滅的被害を受けたとフェイスブックで報告した。

現段階で懸念されるのは、住民の水の確保だ。火山灰が降り積もった影響で水が汚染され、国際赤十字やNZと豪州政府は飲料水の提供を最優先で急ぐ方針を示した。ほかにも日本、米国、中国なども支援を表明しているが、南太平洋という物理的な距離に加え、通信状況が悪く、港や空港の施設も被災しているため、物資をどうやって届けるかが、大きな課題になっている。

本島の被害状況が断片的ながら伝えられる中、心配されるのが離島だ。国連人道問題調整事務所(OCHA)は17日、連絡が取れていないハアパイ諸島のフォノイ島とマンゴ島から救難信号を受信したと明らかにした。OCHAはこれらの島が海抜も低いことから、「特に懸念される」としている。トンガ政府によると、フォノイ島には69人が、マンゴ島には36人が居住しているという。

一方、AFP通信は、トンガ周辺の火山で日本時間17日午前に大規模な噴火が観測され、米国の太平洋津波警報センターも「火山が再び噴火した可能性がある」と説明したと報じている。詳細はまだ分かっていない。専門家によると、今回の噴火は“20世紀最大”とされる1991年のフィリピン・ピナツボ火山噴火以来の規模。火山活動はなお継続する恐れがあり、警戒を呼びかけている。

あわせて読みたい