2022-04-11 ライフ

【こころの健康について考える】(中) 高校教科書に精神疾患の記述が40年ぶりに復活

心の病には偏見や差別もある。また、心の病は14歳までに大半が発症する。若年層の死因の一位である自殺の背景には精神疾患があるとされ、正しい知識にもとづいた早期発見、診断の必要性を若者自身や家族など周囲の人々が学ぶ必要性が増している。

そうした中、この4月から使われる高校の保健体育の教科書に精神疾患の記述が40年ぶりに復活した。これは2018年の学習指導要領の見直しによるもの。

「若年層の死亡率が増加している理由として自殺者が増えていることがある。背景にはうつ病などの精神疾患がある」と見直しの理由について、保健体育の教科書の学習指導要領を担当するスポーツ庁政策課学校体育室は説明する。

学習指導要領では「うつ病、統合失調症、不安症、摂食障害などを適宜取り上げ、誰もが罹患(りかん)しうること、若年で発症する疾患が多いこと、適切な対処により回復し生活の質の向上が可能であることなどを理解できるようにする」とある。


 

また「自殺の背景にはうつ病をはじめとする精神疾患が存在することもあることを理解し、できるだけ早期に専門家に援助を求めることが有効であることにも触れるようにする」としており、偏見や差別の対象でないことの理解も促すようにとしている。

かつて精神疾患は高校で教えられていた。例えば1970年の学習指導要領によると、おもな精神障害、心身相関、健康な精神生活ということが授業で扱われていた。

だが、78年の学習指導要領からは精神疾患のことが消え、82年からは教科書に載らなくなった。代わりに「心の健康」というより広い扱い方になっていた。

2021年の自殺者数は2万1,007人で、そのうち小中高生は473人(厚生労働省)。理由としては精神疾患、学業不振、親子関係の不和が多かった。

2019年の「自殺対策白書」によると、2009年から2019年の累計で、男子高校生の自殺の原因・動機としてはうつ病が8.7%を占め、女子高校生ではうつ病が18.3%、その他の精神疾患が12.1%になると明らかになっている。

そういう背景があって精神疾患の記述が復活した高校の教科書。例えば、大修館書店の「現代高等保健体育」は全129ページの保健編のうち8ページを精神疾患について割いている。精神疾患の特徴、予防、回復に加え、「ストレスや不安に対処しよう」、「うつ病からの回復をたどってみよう」といった項目が並んでいる。

また、第一学習社の「高等学校保健体育」では、保健編の全122ページのうち10ページを精神疾患に割いている。予防の大切さや回復過程などの記述に加え、「どんなときにストレスを感じるだろう?」として、予防策を考えさせるような内容になっている。

ただ、高校の現場では扱い方が難しいという声があるようだ。都立井草高校の伊藤邦貴(いとう・くにたか)教諭はいう。「今までは“心の健康”という扱いで、生活の質を上げていくということで取り上げられていた。(具体的に精神疾患に触れるとなると)プライベートなこともあるので、入り込みすぎると、触れてほしくない生徒もいるだろう」

まだ具体的に教えていない段階だが、「ストレスという項目があるので、その延長線」での指導ということになるのだろうかと思う、と伊藤教諭はいう。

ある都内の私立高校の教諭は「今まではうつ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)といったものがあるよという程度だった。これからは(具体的な精神疾患を教えるとなると)生徒たち自身にも関わる問題であり、伝え方など気にしていかなければならない」という。

精神病患者の家族組織である全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)の小幡恭弘(おばた・やすひろ)事務局長はいう。「日本は風土的に、精神病患者は何をするかわからないといった偏見がある。スティグマ(ネガティブな印象)がある。孤立していくことが一番怖い」

「精神病は思春期に発症する。そこで正しい知識を持っていなければいけない。そういう意味では、高校の教科書に精神病の記述が再び入るのはひとつの“取っ掛かり”になる。これを義務教育にまで下げていくことが必要だ」と小幡氏は語る。「早い段階で、重層的に年齢を重ねながら、理解していくことが大切だ」

あわせて読みたい