2022-04-06 ライフ

連載「いちにの算数いーあるさんすー」 台湾ルネサンス時評:林森北路のヒロ②

© Photo Credit: Shutterstock / 達志影像

僕が、台湾に通いだしたとき、それまでは、いわゆるカルチャースポットがある街ばかりに通っていて、歓楽街はまったく興味の対象にはなかった。それに僕はお酒が飲めなかった。なおさら行く必要がない。行っても退屈するだけだ。仕方がないと言えば仕方がない。でも何度目かの訪台のとき、一緒に訪台したミュージシャンの友人たちと、ナイトパトロールと称して、初めてこの街に足を踏み入れた。僕たちは、そういう店にこそ行かなかったものの、宵っ張りの街を歩きながら、その雰囲気をたっぷり謳歌した。そして、やっぱり日本人が多い。どこから湧いてくるのか。それくらい日本人だらけだった。看板も日本語であふれている。バンコクのタニヤ(バンコクの日本人街)よりも何倍も規模が大きい。僕は、なんとなく、その街が気に入って、帰ってからも余韻を楽しんでいた。そして、この街で、印象的な日本人と出会ったのだった。

それは、ふたたびの台湾。仕事が一段落して、夜になり、僕は、林森北路にいた。僕はあるレコード会社の仕事で、台北に初音ミク(ボーカロイド)のライブに取材に来ていて、音楽プロデューサーに連れられてまたこの街に来たのだ。日本人向けの街だけに、歩いているとひっきりなしに日本語で声をかけられる。客引きである。ほとんどが、台湾人のおばちゃんであった。

「おねえちゃん、いらない?一晩4000元」

「お兄ちゃん、安いよ!キャバクラ、どう?」

僕らは、おばちゃんを振り払い、歩いていく。どこに向かうでもない。目的地などないのだ。ただ好奇心だけで歩いているだけ。その先に何が待ち受けているのか。それは、僕らにもわからない。僕らは、ただひたすら歩き続けた。そのときだった。

「ジャーン!」

こんな掛け声とともに突如脇道から、身長は160センチ前半くらい、時代遅れのダブルの背広を着て、細身で角刈りの男が僕の目の前にジャンプしながら現れた。なんなんだいったい。(続く)

 

オススメ記事:

連載「いちにの算数いーあるさんすー」 台湾ルネサンス時評:林森北路のヒロ①

月イチ連載「カセットテープから台湾がきこえてくる」第1回:DSPS『我會不會又睡到下午了』

連載「いちにの算数いーあるさんすー」 台湾ルネサンス時評:歌舞伎町と台湾の不思議な縁を探る

月イチ連載「山本一郎の#台湾の件」第1回:台湾に感じる親しみとウクライナ侵攻が孕む他人事とは言えない問題

深くて長いお付き合い④-日本と台湾の野球―台湾の学校野球部―