2022-04-06 ライフ

生産者のこだわりいっぱいの花を最高の状態で 毎月届く花の定期便

毎月異なる花を自宅や指定の場所に届ける定額制のサービス、「ハナノヒ365days」を展開している「日比谷花壇」(東京)。このほど、生産者こだわりの旬の色とりどりの花を月1回届ける新コース「花農家のこだわり便」(月額4,950円、税・送料込み)の申し込み受付を始めた。

img_304168_1

生産者がたっぷりの愛情とこだわりを持って育てた旬の花を、花と緑のプロであるバイヤーが厳選。一つ一つの花の良さを最大限楽しめる開花状況のタイミングで、希望の場所に届ける(配達日時の指定は不可)。本州と四国が配達地域。4月に申し込んだ場合、配達の初回となる5月は、千葉県南房総の生産者「隆正丸」から、マリーゴールドやミント、バジルなどの草花ミックスが届く。暖かい南房総で太陽の光をいっぱい浴びて育った元気な草花で、初夏の訪れと南房総の豊かな自然を自宅で感じられる。日本各地から毎月届けられる新鮮な花とともに、花農家のこだわりや生産に対する思い、花の魅力、楽しみ方などの情報も届ける。

ハナノヒ365daysのHPの「ハナノヒ365DAYSをさらに楽しむ特別コンテンツ」コーナーで、届ける花と花農家の詳しい情報を公開していく。