2021-12-24 経済

「アップルカー 」の主要エンジニアが辞任! 2025年の自動運転電気自動車公開に暗雲漂う

注目ポイント

12月1日、アップルカー(Apple Car)のシニアエンジニアリングディレクターのマイケル・シュワクッチ氏(Michael Schwekutsch)が辞任した。シュワクッチ氏は、電動スカイタクシーのベンチャー企業アーチャー(Archer)に加入し、エンジニアリングの上級副社長に就任した。これはアップルが大きな戦力を失い、2025年までに全自動運転の電気自動車を完成させるという目標達成が、難しくなったことを意味する。

ここ数年、アップルカーに関する噂は聞くが、いまだにその正体は明らかになっていない。12月1日にアップルの自動運転電気自動車プロジェクトのシニアディレクターであるシュワクッチ氏が、新興の電動スカイタクシーベンチャー企業のアーチャーに移籍し、エンジニアリングの上級副社長を務めることが明らかになり業界に衝撃が走った。アーチャー社はこの件に対し、シュワクッチ氏は同社の電池バッテリーと電動モーターの開発をリードすることになると述べた。これはアップルカーが今後、より多くの課題に直面することを示唆している。


 

アップルの電気自動車はハンドルもアクセルもない?

 

これまでアップルは「電気自動車」に関する正式発表をしていないが、噂は後を絶たない。経済ニュースを中心に配信する米ブルームバーグの報道によれば、アップルは早ければ2025年度に「アップルカー」の完成を予定しており、「Titan」と呼ばれるこのプロジェクトにおけるテスラ(Tesla)との最大の違いは、ハンドルとアクセルペダルが存在しない完全に自律的な電気自動車であることとしている。

 

報告書によると過去数年、アップルの電気自動車チームは、完全自動運転の実現を目指して、加速と旋回の研究開発に多額の資金を費やしてきた。アップルの自動車用チップは、内部の最先端コンポーネントとの組み合わせにより、自動運転において必要不可欠な人工知能の処理も可能になるという。

 

しかし、この最先端チップには放熱の問題があり、チームは現在、より複雑な冷却システムの開発に取り組んでいる。また一方では、安全性も自動運転の成否を判断する上で重要な課題である。内部開発に関わるエンジニアは、アップルはテスラよりもさらに強力な安全対策を模索しているとブルームバーグに語っている。

 

ここ数週間、アップルはボルボのシステムエンジニア、ダイムラートラックのマネージャー、カルマオートモーティブやその他自動車メーカーのバッテリーシステムエンジニア、GMクルーズLLCのセンサーエンジニアを雇用し、安全性の強化に向けて大規模な研究開発を行っている。

 

アップルの最近の採用情報を見てみると、ソフトウェアのインターフェイスの開発にも力を入れていることがわかる。一部報道によると、アップルは自動車のインターフェイスの開発を推し進めることによって、ソフトウェアで発生する問題も改善し、iPhoneの操作システムに相当する、より適切な操作感の提供を目指しているとされる。

 

ただ、これら技術上の問題を克服するのは簡単ではなく、アップルは過去7年間、自動車分野の開発において幾度となく苦境に立たされてきた。管理職の交代、部門従業員の離職、度重なる開発延長などだ。2018年にテスラからアップルに移籍してきた上級管理職のダグ・フィールド氏(Doug Field)は、当時のアップルの電気自動車プロジェクトに大きな影響をもたらしたが、最終的には失敗に終わり、その後、最低でも4名の上級管理職が辞任していった。

 

人的変動は非常にまれだったアップル社が…

 

アップルの電気自動車プロジェクトチームはいま、テクノロジー担当副社長でアップルウォッチの責任者だったケビン・リンチ氏(Kevin Lynch)によって率いられている。リンチ氏は、この7年間の「Titanプロジェクト」における5人目の上級管理職であり、このような人的変動はこれまでのアップルにおいては、非常にまれなことだった。たとえば、電気自動車プロジェクトとほぼ同時期に始まったバーチャルリアリティ(VR)チームの責任者は、長年にわたって変更されていない。

 

今回アーチャーに移籍したシュワクッチ氏は、元テスラのエンジニアリング担当副社長でもあり、車両設計に関連する100以上の特許を所持、テスラプラッドのプロトタイプ設計に加わったほかに、テスラ、ポルシェ、BMWなど多くのモデルの電動駆動システム開発に携わっている。

 

アーチャーの創業者兼CEOのブレット・アドコック氏(Brett Adcock)は、次のように述べている。「シュワクッチ氏の加入は、当社にとって非常に重要な意味を持つ。計画通り、2024年には商業的量産ベースのパワートレイン開発を実現させ、将来的にはシュワクッチ氏が同社のバッテリーと電気モーターの開発をリードしていくことになるだろう」。

 

シュワクッチ氏は、米ニュース専用チャンネル「CNBC」に対して、メールで次のように伝えている。「現在、自動車産業は確かに成長を遂げているが、地球温暖化問題を解決する上では、自動車だけでなく、航空モビリティにも大きな成長のチャンスが眠っている」

 

アップルの電気自動車プロジェクトの現責任者、リンチ氏は、自動車と自動運転システムに関する経験はなく、ソフトウェア分野出身の上級管理職である。電気自動車プロジェクトの責任者に選ばれた際には、彼はまだアップルウォッチのオペレーションシステムを担当していた。

 

主要エンジニアはいなくなってしまったが、アップル内部の社員は依然として自信を持っている。ブルームバーグは、リンチ氏は自動車分野の出身ではないが「彼がアップルウォッチを主要製品にまで成長させた成功を考慮し、アップル内部の大勢のエンジニアが彼の指揮する電気自動車プロジェクトの成功を期待している」と報道している。


原文責任編集者:翁世航
翻訳者:鴨奥海斗
校閱者:TNL JP編集部